18kp-8


 




山田 龍聖(21歳・JR東日本)投手の最終寸評へ







山田 龍聖(21歳・JR東日本)投手の個別寸評へ







山田 龍聖(高岡商3年)投手 182/80 左/左 





 「大阪桐蔭を苦しめた」





 夏の甲子園で優勝した大阪桐蔭相手に、8回を投げて8安打・4四死球・11奪三振・3失点と好投した 山田 龍聖 。2年夏の甲子園で登板して以来大器として注目されてきたが、夏の予選まで1年近く苦しんだ。しかし甲子園に来てからは、みるみる調子をあげてゆく。その集大成となったのが、この大阪桐蔭との試合ではなかったのだろうか。


(投球内容)

 テイクバックこそ小さめになったが、非常に正統派のサウスポーといった感じがする。

ストレート 130キロ台後半~144キロ 
☆☆☆★ 3.5

 球速こそ140キロ前後と驚くものはないが、ズシリと重さがある。適度な勢いも感じさせ、速球派らしい確かなボールを投げ込んでくる。まだ本当のコントロールはない感じだが、とりあえずストライクゾーンの枠の中でボールを散らせて来る。

変化球 スライダー・フォークなど 
☆☆☆★ 3.5

 大阪桐蔭の各打者が苦しんだのは、山田のストレートではなくスライダー。ストレートを意識させられていたのか? この曲がりながら落ちるスライダーに反応できずに苦しんだ。他にもフォークがあるようだが、まだまだその精度は低く武器になっているとはいえない。あくまでも現時点では、速球とスライダーのコンビネーションと言った投球スタイル。

その他

 クィックは、1.15~1.20 と平均的。牽制も並で、投球以外の部分に優れているわけではない。フィールディングの動き自体は悪くなく、他の野手に任せることなく自分で処理しようとすることからも、自信があるのだろうし気持ちの強さが感じられる。

(投球のまとめ)

 甲子園に来て、それまでの苦労が報われた形となり評価を取り戻した。特に大阪桐蔭相手の好投は、彼の評価を上げたことだろうしかし現状は、まだ威力のあるストレートとスライダーを投げ込むだけの素材型という粋は脱していない。それだけに、、今後の伸び代には期待できても、何か明確な青写真が描けるタイプなのかと言われるとNO.と言わざるえない。そんな選手に対し、上位指名を用意するのは厳しいのではないのだろうか。


(投球フォーム)

 それでは今後の可能性を模索する意味でも、投球フォームについて考えてみたい。

<広がる可能性> 
☆☆☆ 3.0

 引き上げた足を地面に向けて伸ばしているので、お尻は三塁側(左投手の場合)に落ちていないように見えます。しかし徐々にお尻は沈んでゆき、最終的には三塁側にも落ちてきます。問題は、身体を捻り出している段階で落ちているのかと言われると、微妙ではないのでしょうか?

 「着地」までの粘りも早すぎることはないのですが、まだ充分に粘れているというほどではなく発展途上。そのため身体を捻り出す時間が確保できているかと言われると微妙です。そのへんが、スライダー以外の球種をモノにできていない投球に繋がっているのかもしれません。

<ボールの支配> 
☆☆☆★ 3.5

 グラブは最後まで内に抱えられ、両サイドの投げ分けはつけやすくなっています。足の甲の押し付けは、膝小僧が地面に着くぐらいに沈められているので、ボールが高めに抜けるということはなくなってきています。「球持ち」はさほどではなく、けして指先の感覚が好くありません。そのためリリースが不安定で、まだまだ本当のコントロールは身についていない感じはします。

<故障のリスク> 
☆☆☆ 3.0

 お尻の沈みが遅いことが、フォークなどを投げる時に、どのぐらい肘への負担がかかっているのかは正直よくはわかりません。また腕の角度も相当ある割には、ボールの送り出しに無理は感じません。そういった意味では、肩への負担は少なめなのではないかと見ています。けして力投派でもないので、疲労を蓄積やすいことはなく故障へのリスクは高くないとは見ています。

<実戦的な術> 
☆☆☆★ 3.5

 「着地」までの粘りも少しずつですが出てきていますし、身体の「開き」も抑えられており、打者としてはタイミングが合わせやすいフォームではありません。特に左打者嫌がるようなフォームではないのですが、左右を問わず同じように抑えられるのではないのでしょうか。

 腕の振りは悪くありませんが、まだ身体に粘っこく絡んでくるほどではありません。またボールにも適度に体重乗せられていますが、まだまだ発展途上の段階。すでに体重の乗ったボールは投げられていますが、もっと「体重移動」に粘りが出てくるとグッと迫って来るような迫力が出てきても不思議ではないでしょう。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「開き」は好いですが、あとの部分も良くなる可能性を秘めており、ここが伸び代であり課題でもあります。このへんが改善されれば、もっと粘っこい投球が期待できるでしょう。

 もう少し指先の感覚が良くなればコントロールも改善されそうですし、故障のリスクも高いとは言えません。今後投球の幅が広げられるかは微妙ですが、スライダー以外にもう一つ頼れる球が出てくると投球に余裕が生まれてきそうです。

(最後に)

 素材としての魅力は、今年の高校生左腕の中でもトップクラスだと言えるでしょう。しかしまだまだ発展途上の選手であり、素材型の粋を脱しておりません。その未完成さゆえに、将来どう転ぶかも想像し難いものがあります。しかし少しずつですが、好い方にゆくのではないという兆しは見え始めています。

 入る球団にもよるかもしれませんが、プロ入り後大化けするかもしれません。そういった夢を抱かせてくれる選手でもあり、ドラフトでは中位(3位~5位〕ぐらいでは消えるのではないのでしょうか。こういった選手を育てられるようだと、球団もどんどん高校生を指名できるようになりそうです。


蔵の評価:
☆☆ (中位指名級)


(2018年夏 甲子園) 








山田 龍聖(高岡商2年)投手 182/78 左/左 
 




                   「左腕では一番速そう」





 全国の高校生のなかでも、左腕の中で一番速そうなのが、この 山田 龍聖 投手。夏の甲子園で全国デビュー、秋も北信越大会に駒を進めたが、一回戦で日本航空石川に破れ、選抜への夢は破れてしまった。果たして世代最速クラスの左腕とは、どのような選手なのかみてみたい。


(投球内容)

 ランナーがいなくてもセットポジションから投げ込むように、制球には大きな不安を抱えている。非常にオーソドックスなフォームから投げ込んで来る、正統派のサウスポー。

ストレート 140キロ~MAX143キロ 
☆☆☆★ 3.5

 夏の甲子園・東海大菅生戦では、ほとんどがストレートでした。球速はコンスタントに140キロ台を越えてきて、最速で143キロに到達。現在までのMAXは、148キロまで伸ばしているといいます。ストレートの球威・勢いは適度にあるものの、全国レベルの打者ならば打ち返させない球ではありません。また大まかに両サイドに散っているものの、高めに抜ける球が多くコントロールがアバウトなのは間違いありません。

変化球 チェンジアップ‥スライダー 
☆☆ 2.0

 菅生戦では、右打者の外角にチェンジアップだかツーシームのような、シュート系の変化球が数球見られました。しかしストライクゾーンからは外れ、現在は投球において大きなウエートは占めていません。甲子園ではリリーフだったので変化球はほとんどみられませんでしたが、先発ならばもっと変化球も織り交ぜてくるとは思うのですが ・・・ 。それでも打たれて苦しい場面でも、速球に頼らざるえないということは、現状変化球に頼れる状況ではなかったということではないのでしょうか。

その他

 クィックは、1.15~1.20秒ぐらいと平均的。牽制は見られませんでしたが、フィールディングの動き自体は悪くありません。他の野手に任せることなく自分で処理しようとすることからも、自信があるのでしょうし気持ちの強さが感じられます。

(投球のまとめ)

 現時点では投球云々というよりも、ただ速い球をストライクゾーンめがけて投げて来るといった感じの投球でしかありません。そのため相手と対峙するというよりも、ストライクが無事取れるかといったところに意識が行ってしまい、ピッチングになっていないのは気になります。一つでもこの球でならカウントが取れるという球が出てくると、全然投球内容も変わってくるとは思いますが。





(投球フォーム)

 あくまでも素材型の域を脱していませんが、将来的にはどのような可能性があるのかフォーム分析をして考えてみましょう。

<広がる可能性> 
☆☆★ 2.5

 お尻はバッテリーライン上に残りがちで、カーブで緩急をつけたりフォークのような縦に落ちる球種には適しません。

 「着地」までのタイミングは早すぎるほどではないのですが、粘りがあるといったほどでもなく平凡。球種も限られる上に、武器になる変化球を覚えられるかは微妙でしょう。こういったタイプは、カットボール・ツーシーム・スプリットなど球速のある小さな変化で幅を広げてゆくことが向いているとも言えます。

<ボールの支配> 
☆☆☆☆ 4.0

 グラブは最後まで内に抱えられており、両サイドの投げ分けはつけやすい。また足の甲の地面への押しつけもできており、元来はもっと低めに集まっても良さそうなもの。「球持ち」自体も悪いわけではないのですが、指先の感覚が悪いのか? ボールを押し込めておらず高めに抜けてしまうことが多いと考えられます。しかし身体ができてきてリリースが安定するようになれば、土台のフォームは悪くないだけにもっとコントロールは良くなりそう。

<故障のリスク> 
☆☆☆★ 3.5

 お尻は落とせないものの、カーブやフォークなどの捻り出して投げる球種は見られず悲観することはなさそう。振り下ろす腕の角度はあるものの、送り出しに無理はないので肩への負担も少ないのでは? それほど力投派でもないので、疲労も溜め難いと考えられます。

<実戦的な術> 
☆☆☆★ 3.5

 「着地」までの粘りは並なので、打者としてはけして苦になるほどではないのでしょう。しかし「開き」自体は抑えられているので、コントロールを間違わなければ痛手は食らい難いのではないのでしょうか。

 腕は適度に振れて身体に絡んできますし、秋季大会では27イニングで42奪三振を奪えていました。ボールにも適度に体重は乗せてからリリースできているので、打者の手元まで力のある球は投げられています。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、特に悪いところは見当たりません。元来ならばそれほど制球も悪くなそうですし、故障のリスクも高いとは言えません。唯一心配なのは、武器になる変化球が修得できず伸び悩む危険性があるということではないのでしょうか。


(最後に)

 全国でも屈指のストレートを投げ込める素材、土台となるフォームの良さがある選手。しかし実際の投球では、ストライクを取るだけでも四苦八苦するような、素材型であることは否めません。その辺が一冬越えて、どのぐらい投球ができるようになってくるのか? 高校の間ではまとめきれない可能性もありますが、その可能性を信じて今は春の訪れを待つことにしよう。


(2017年夏 甲子園)