18kp-7


 




山口 航輝(明桜3年年)外野手の最終寸評へ







山口 航輝(明桜2年)投手 181/85 右/右 
 




                       「久々に現れた秋田の大物」




 かつては、スケールの大きな野球人を輩出する地として知られていた秋田県。しかし近年は、お隣の岩手県にその座を奪われてしまっている。しかし今年は、久々にその期待に応えうる 山口 航輝 という男がいる。素材としては、秋田商からドラフト1位でプロ入りした 佐藤 剛士(広島)以来ではないのだろうか。


(投球内容)

 甲子園の出場を果たしたものの、予選のベースカバーの際に右肩を痛めて登板できず。骨太の右の本格派のように見えるが、意外に肘は下がっていて上からボールが叩けていないのは気になる。

ストレート 130キロ台後半~140キロ台中盤 
☆☆☆★ 3.5

 秋田予選の模様を何試合かみたが、普段はそれほど力を入れずに140キロ前後のボールを投げ込んでくる。しかし追い込んだり、ランナーを得点圏に置くと140キロ台中盤の実に威力のある球を投げ込んでくる。身体に余力と馬力を感じさせる素材で、いつでもそういった球を投げられる力を秘めている。ただし上記にも触れたように、ボールを上から叩けないために球筋全体が高く抜け気味なのが気になる。それでもボールが走っている時は、返ってこの高さが打者にとっては厄介になる。夏の秋田予選では、25回2/3イニングを投げて四死球は僅か4個。球筋は高いものの、四死球で自滅する心配はない。

変化球 スライダーなど 
☆☆☆ 3.0

 大曲工業との試合をみると、速球主体でたまに横滑りするスライダーを投げるのみだった。もう少し他の試合では、いろいろな球を投げていたような記憶があるが、今回は確認できず。スライダーは、ストライクゾーンからボールゾーンに逃げて空振りを誘うなど、キレや精度にも優れたものを持っている。ただし今後更に腕の振りなどが強くなってゆくと、曲がり過ぎて上手く制御できなくなる恐れもある。

その他

 クィックは、1.15~1.2秒ぐらいと平均的。牽制は結構鋭いものがあるが、フィールディングは少し恐る恐るボールを扱っているようにみえた。ただしこの選手、パッとマウンドを外したり投球センスに優れていて、けしてポテンシャルに頼ったピッチャーではない。打者としても非凡な才能を秘めており、野球センスだけでなくスケールも兼ね備えている。

(投球のまとめ)

 けして不器用な素材型ではないので、ひと冬越えれば多彩な球種を活かした投球も魅せてくれそう。2年夏の時点で140キロ台中盤をすでに記録しており、順調に成長を続ければ最終学年で150キロの王台もみえてくるだろう。問題は、夏の予選で痛めた肩の状態。秋も投げていなかったようなので、気になる材料ではある。





(投球フォーム)

 ランナーがいなくても、セットポジションから投げ込みます。足をスッと勢いよく引き上げ、軸足で一本で立った時のバランスにも優れています。

<広がる可能性> 
☆☆☆★ 3.5

 お尻は一塁側に落ちるのですが、そのタイミングが遅いので捻り出すスペースが確保できているかは微妙。そのためカーブやフォークといった球種に、無理がないのかは正直よくわかりません。実際のところ、そういった球種はほとんど見られませんが。

 地面に着きそうなところまで足を降ろし、そこから着地するまでの粘りがとれています。そのため身体を捻り出す時間は確保できており、カーブやフォークといった球種以外ならば、キレがあったり、曲がりの大きな変化球を修得できる可能性があります。現時点で、スライダーの曲がりに鋭いものがあります。

<ボールの支配> 
☆☆☆★ 3.5

 グラブは内にしっかり抱えられているわけではないのですが、結果的に身体の近くには留まっています。そのため両サイドの投げ分けも、それほど悪くないと考えられます。足の甲の押し付けは深くとれているのですが、ボールは上吊ります。その最大の要因は、腕があまり縦振りで投げではない上、球の押し込みができないままリリースを迎えてしまっているからでしょう。そこを修正しないと、低めにはなかなかボールがゆかないのではないのでしょうか。

<故障のリスク> 
☆☆☆☆ 4.0

 お尻は一塁側に落とせるものの、お尻が落ちるのが遅いのがどの程度捻り出しの窮屈さに繋がるのか?ただし、カーブやフォークといった球種を滅多に使って来ないので、現時点では悲観することはなさそう。

 腕の送り出しには無理がないので、肩への負担は高くない。それほど力んで投げるタイプでもないので、疲労も貯めやすいタイプでもないだろう。故障もベースカバーの際に痛めたもので、投球をしていて痛めたわけではないので。

<実戦的な術> 
☆☆☆★ 3.5

 「着地」までの粘りは作れているので、ボールがなかなか出てこないので合わせ難い。しかし「着地」の際に踏み出し足先を開き気味になるので、肩は少し早めに開いている。そういった意味では、コースを突いた球でも打ち返されたり、縦の変化球などを見極められてしまう危険性はある。

 腕は強く振れており、投げ終わったあと身体に絡んでくる。その勢いのある腕の振りで、秋田予選の25回2/3イニングでも30奪三振を奪えていた。ボールにも適度に体重を乗せてからリリースできており、打者の手元まで勢いと球威は衰えない。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「開き」が若干早いのと「球持ち」の際にもっと押し込めるようにしたいという課題が残っている。制球を司る動作・故障のリスクは低く、投球の幅を広げて行ける可能性も秘めている。フォームとしては意外に実戦的な上に、まだまだ引き出しを増やし行ける余力を残している。


(最後に)

 まずは、夏の予選で痛めた肩が無事回復するかにかかっている。もし順調に回復するのであれば、素材としての奥行き・土台となるフォーム、投手としてのセンスも兼ね備え相当な有望株として期待が持てる。あとは、高めに浮きやすい球筋を改善できると、いよいよ春季大会ではスカウトの評価もうなぎのぼりになりそう。本当に、久々に秋田に現れた大器ではないのだろうか。


(2017年夏 秋田大会)