18kp-6


 




田中 法彦(菰野3年)投手の最終寸評へ








田中 法彦(菰野2年)投手 174/79 右/右 
 




                       「意外に粗っぽい」





 旧チームから背番号3をつけながら、主戦を任されていた 田中 法彦 。 夏の予選でも、下級生ながらドラフト指名された 岡林飛翔(広島育成指名)を差し置き、先発を任されてきた。一見総合力に優れたタイプかと思いきや、その投球は想像以上に粗っぽい。


(投球内容)

中背の体格から、少し力んで投げ込んで来る力投派。

ストレート 常時140キロ~MAX148キロ 
☆☆☆☆ 4.0

 ほとんどの速球が140キロ台を越えてきて、最速では準決勝のいなべ総合学園戦で148キロまで到達。ボールは両サイドに散るものの、高めに抜けることも少なくない。ボールの勢いは確かにA級なのだが、その精度は高くない。またこれだけのボールがありながら、意外に打者に対応されてしまうところは気になった。

変化球 カーブ・スライダー・チェンジアップ・スプリットなど 
☆☆☆ 3.0

 スライダーは曲がりながら落ちる軌道なので、正直カーブとの見分けは難しい。またスプリットなのかチェンジアップなのかも、区別がつき難い。そのため変化球は、カーブ気味な球と、スプリット気味な沈む球の2種類があるといった感じだろうか。変化球でカウントを整えることはでき、沈む球もそれなりに落ちては来る。しかしこの球に対しも、打者は見極めたり合わしたりしてきたのだ。

その他

 クィックは、0.9秒台と非常に高速。むしろ投げ急ぎ過ぎているので、もう少しクィックのスピードを落としてでも、しっかり投球をすることを重視した方が良いのではないのだろうか。牽制も非常にうまく、フィールディングやベースカバーの動きも基準以上。投球以外の動作にも優れ、運動神経の高さを感じさせる。

(投球のまとめ)

 もう少し実戦的な投手かと思っていたが、かなり速球はバラツキ粗っぽいのがわかった。ストレートのスピード能力には優れているものの、ボールが浮きやすく精度・打ち難さという意味ではどうだろうか? 変化球もまだ、発展途上といった感じがする。

 体格に恵まれていない右投手なので、よほどのものを示さないと高校からのプロ入りは厳しい。それでも昨今は、中背の速球派投手が高校から指名される機会も増えているので、彼もその追い風に乗って指名される可能性は残っている。ただし、もう少し実戦的な総合力に優れた技術は身につけておく必要がありそうだ。





(投球フォーム)

その粗っぽい投球の原因は何なのか? フォーム分析をして考えてみたい。

<広がる可能性> 
☆☆★ 2.5

 引き上げた足を空中でピンと伸ばさないまま体重を落としてくるので、お尻はバッテリーライン上に残っている。そうなると身体を捻り出すスペースが確保できず、カーブやフォークといった捻り出して投げる球は投げ難い。

 また「着地」までの粘りもやや淡白なために、身体を捻り出す時間も充分ではない。こうなるとキレや曲がりの大きな変化球を将来的に身につけられるかは微妙だろう。むしろ腕の振りの良さを活かして、カットボール・ツーシーム・スプリットなどの球速のある小さな変化で幅を広げてゆくことになりそうだ。

<ボールの支配> 
☆☆★ 2.5

 グラブは最後まで内に抱えられているので、両サイドの投げ分けはつけやすい。しかし足の甲での押しつけは浮いてしまい、力を入れて投げるとボールが上吊ってしまう。また「球持ち」が悪いようには見えないが、腕が身体から離れて振られているので、制球を乱しやすい。

<故障のリスク> 
☆☆☆ 3.0

 お尻は落とせていなく、カーブやフォークといった捻り出して投げる球を投げようとすると窮屈になる。そういった意味では、肘への負担はそれなりにあるのではないのだろうか。

 それでも腕の送り出しには無理がないので、肩への負担は少なめ。力投派なので、疲労を貯めやすい危険性はある。それによりフォームを崩し、知らず知らずに負荷をかける危険性は否定できない。

<実戦的な術> 
☆☆☆ 3.0

 「着地」までの粘りもさほどなく、打者としては合わせやすいのでは? さらにフォームが直線的で、身体の「開き」も早くなりがち。そのためなのか? ボールの勢いの割に対応されてしまい、縦の変化も見極められたり当てられたりしてしまう。

 中背の体格で140キロ台後半を叩き出せるのは、非常に強い腕の振りがあるから。またボールにもしっかり体重を乗せてからリリースできているので打者の手元まで勢いが落ちない。ただしステップが狭すぎるせいか? 投げ終わったあとバランスを崩しやすいのは気になる材料。体重移動が、しっかりなされていない。ここを改善できれば、もっと凄い球が投げられるようになるだろう。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「球持ち」以外には課題があることがわかった。お尻が落とせないことでの肘への負担、足の甲を押し付けられないことでの高めに集まりやすい球筋、将来的にピッチングの幅を広げて行けるのかという部分では、正直疑問が残る。


(最後に)

 投げっぷりは良いものの、細かい投球術や繊細なコントロールがあるわけでもない。またフォームの完成度も低く、思ったよりも素材型だったのがわかってきた。これだけのボールと旧チームからの経験を考えれば、秋は東海大会に進んでも不思議ではなかったはず。しかし3回戦の三重高校に破れてしまったあたりに、まだ実戦力には図抜けたものがないことが伝わってくる。

 果たして最終学年において、何処まで課題をクリアして行けるかだろう。全国屈指の速球派だけに、この体格の右腕でも指名されるだけの総合力が身につけられるのか注目したい。ただの速いだけの投手で終わるのか? 確かな実戦力を兼ね備えプロ入りできるのか? 一年間追いかけてみたいと思わせる選手だった。


(2017年夏 三重大会)