18kp-3


 




引地 秀一郎(倉敷商3年)投手の個別寸評へ








引地 秀一郎(倉敷商2年)投手 186/82 右/右 
 




                   「ボールの力はトップクラス」





 まだまだ何処にゆくかわからない粗っぽさはあるが、純粋にボールの力だけならば全国トップクラスの力量があるであろう 引地 秀一郎 。ズシリと重い速球は、豪腕の名にふさわしいボールを投げている。


(投球内容)
 
ランナーがいなくてもセットポジションから投げ込み、かなりアウトステップして来るフォームをしている。

ストレート 140~後半ぐらい 
☆☆☆☆ 4.0

 すでにMAXでは、151キロまで到達したと言われる投手です。実際試合を観ていても、勝負どころでは145キロ前後は出ていそうな球威と勢いを感じます。球質自体もズシリとミットに収まる重さがあり、少々甘かろうと長打に持ってゆくのは難しい球質ではないかと思います。しかし1球1球がバラバラで、正直何処にゆくかわからない不安定さがあります。現時点ではリリースが定まっておらず、ストレートのコマンドはかなり低いと言わざるえないでしょう。

変化球 カーブ・スライダー・フォークなど 
☆☆★ 2.5

 曲がりながら沈む球が、カーブなのかスライダーなのか見極めが難しいです。この球がしっかり曲がってストライクになれば良いのですが、その精度も半々程度といった感じで不安定。追い込むとフォークらしき沈む球もあるのですが、ストンと落ちるというよりはスプリットのように落差の小さな沈み方をしていますし、その精度はまだ低いと言わざるえません。

その他

 クィックは1.1秒台で大方投げられており、ほぼ平均レベル。牽制はそれほど鋭いものは見られないものの、入れるタイミングは悪くありません。そういった意味では、投球で見る荒々しさに比べると野球センス自体はあるのかな?という印象は持ちました。

(投球のまとめ)

 この時期の高校生としてはA級の球威・球速があります。けして完成された投手ではないというかむしろ未完成な選手なので、導き方次第ではまだまだ速くなっても不思議ではないです。球威もある選手なので、これで150~155キロ級になれば、理屈抜きに厄介な投手でしょう。

 しかし速球が暴れるだけでなく、カウントを取れる変化球、決め手となる球も発展途上。そのため全国大会まで勝ち上がって来られるような投手にまで育つかは、現状微妙だと言わざるえません。実際にチェックしにゆく場合は、県大会の間に、観に行った方が良いタイプかもしれません。





(投球フォーム)

 今後の可能性について、フォームから考えてみましょう。この選手普段から、クィックの投手のように軸足に体重を乗せる前に膝を折って投げてしまうフォームです。それでこれだけのボールを投げてしまうのですから、潜在能力はかなり高いとも言えます。

<広がる可能性> 
☆☆☆★ 3.5

 引き上げた足を高い位置でピンと伸ばすので、お尻は一塁側にしっかり落とすことはできています。そのためカーブを投げたり、フォークを投げても、身体を捻り出すスペースは確保できていて無理はありません。

 「着地」も早すぎるように見えるかと思ったら、斜めに大きくアウトステップさせることで身体を捻り出す時間は確保できていないわけではないようです。そのためカーブやフォーク以外にも、いろいろな球種をものにして行ける可能性は秘めています。

<ボールの支配> 
☆☆ 2.0

 グラブは最後まで身体の近くに抱えられており、両サイドにはボールが散りやすいはず。気になるのは、完全に足の甲が地面から浮いてしまっていて、上吊るボールを抑えきれないだろうということ。さらに腕を振る時に頭の位置と腕の位置が完全に離れており、ブンと外回りに軌道します。こうなると大きく軸はブレて、制球は安定しません。まして「球持ち」や「指先」の感覚も悪そうなので、手元でも修正できず制球は大変アバウトになってしまいます。これが、将来的に大きなネックになる危険性があります。

<故障のリスク> 
☆☆★ 2.5

 お尻はしっかり落とせているので、窮屈になることがないのでカーブやフォークを投げても肘への負担は少ないのでは?

 ただし腕の送り出しは、ボールを持っている肩が極端に上がり、グラブを持っている腕は極端に下る大変肩に負担のかかるフォームです。それも頭と腕が離れてブンと外旋するフォームのため、肩で投げている部分は否定できません。全体的にも力投派なので疲れも溜まりやすいなど、故障を起こす可能性が高いのではないかと考えられます。日頃から身体のケアには、充分ぐらい気をつけて頂きたい。

<実戦的な術> 
☆☆★ 2.5

 「着地」までの粘りは平均的で特に合わせやすいということはないと思いますが、アウトステップがより「開き」を助長しボールの出処がいち早くわかってしまうことは否定できません。それでも球筋が予測されていても、打ち損じてくれるほどのボールの球威・勢いがあるのが救いではないのでしょうか。

 腕は強く振れているのは良いのですが、「開き」が早いことで縦の変化は見極められやすい可能性があります。ボールにはけして体重が乗せられていないわけではないのですが、身体アウトステップして斜めに向いているのに、腕やボールは捕手方向に向けて投げるという、向かっている力の矢印が矛盾しているフォームなのには、いろいろな意味でロスを多く感じます。それでも人並み外れた球威はあるので、並の高校生では容易にも捉え切れないボールを投げ込んできます。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、特に「開き」に大きな欠点があることは否めません。また制球を司る動作と負担の大きなフォームで故障のリスクも高いことは頭に入れておきたいポイント。ただし球種を増やし投球の幅は、今後も広げて行ける可能性は秘めています。


(最後に)

 かなりリスキーな素材であり、この一冬の間に劇的に技術的な課題が改善されるとは考え難いものがあります。となると課題が改善されないまま、肉体のスペックを引き上げて相手を黙らせるという方向で伸びてゆく可能性が考えられます。果たしてさらに球威・球速を増した時に、その技術でプロでも抑えられる球を投げているかどうかが、1つ見極めのポイントではないのでしょうか。何処までこの方向性で突き進むのか? 観てみたい気も致します。


(2017年夏 岡山大会)