18kp-11


 




戸郷 翔征(聖心ウルスラ学園3年)投手の最終寸評へ






戸郷 翔征(聖心ウルスラ学園3年)投手の春季寸評へ







戸郷 翔征(聖心ウルスラ学園2年)投手 181/76 右/右 





                       「落ち着いている」





 2年生ながら、甲子園での非常に冷静なマウンド捌きが印象的だった 戸郷 翔征 。 実に細かいところまで追求された、投手らしい投手といった印象を受けた。最終学年での更なる上積みがあれば、高校からのプロ入りも意識できる素材だろう。


(投球内容)

大きめなテイクバックに特徴がある、サイドハンドに近いスリークォーター。

ストレート 130キロ台後半~140キロ台前半 
☆☆☆★ 3.5

 球速は140キロ前後と際立つものはないが、腕の振りと球持ちの良さを活かして打者の手元までしっかりキレて来る。そのため捕手が高めにウエストしても、相手打者は思わず手を出してくれるのだ。そういった実戦的な球質が、下級生としては実に優れている。さらにボールを両サイドに散らせる確かなコマンド力があり、甲子園の大舞台でも16回1/3イニングを投げて四死球4個と安定していた。

変化球 スライダー・シンカーなど 
☆☆☆★ 3.5

 スライダーに自信を持っており、この球で確実にカウントを整えることができる。ボール自体も、打者の手元で小さくキュッと曲がる実戦的なもの。サイド特有の大きく曲がるようなものではなく、小さな変化なのが特徴。また120キロ前後のスライダー以外に、130キロ前後のシンカー系の球も持っている。まだ精度は発展途上なものの、左打者の外角低めにこちらも小さく沈んで来る。この球の精度が更に高まると、スライダーとともに投球を支えることになりそうだ。

その他

 ランナーを出すと、執拗に牽制を入れてくる。非常に動作自体も鋭いので、油断すると刺されてしまうだろう。クィック自体は、1.15~1.20秒ぐらいと平凡。しかし投げ出しのタイミングが掴み難いので、走者としてはスタートを切るのが難しいタイプだと考えられる。そういった細部の部分にまでこだわりを魅せるなど、非常に投手らしいきめ細やかな性格の持ち主だと感じられる。

(投球のまとめ)

 高校生としては、すでにある程度完成されており、非常に総合力の高い選手という気がする。2年生ながらチーム主戦として、甲子園に導いただけのことはある。問題は、今後どのぐらい上積みが見込めるのかという部分。ここが一冬越えてさらに凄みを増しているようだと、高校からの指名も現実味を帯びて来るだろう。





(投球フォーム)

今度は、投球フォームについて考えてみたい。

<広がる可能性> 
☆☆☆★ 3.5

 お尻はスリークォーターでも、一塁側に落ちているフォーム。しかし腕の振りの関係から、捻り出して投げるカーブやフォークといった球種を投げるのには適さない。

「着地」までの粘りは平均的で、身体を捻り出す時間が充分といったほどではない。それでもキレの好い変化球を投げているので、その辺は気にしなくても良いのではないのだろうか。問題は、これ以上球種を増やして行けるのかといった部分か。

<ボールの支配> 
☆☆☆☆★ 4.5

 グラブは最後まで内に抱えられており、両サイドの投げ分けは安定。足の甲での地面への押しつけもできており、ボールは力を入れて投げても上吊り難い。「球持ち」も良い選手で、指先の感覚にも優れていそう。細かいコントロールまで、将来的には身につけられる可能性を持っている。

<故障のリスク> 
☆☆☆☆ 4.0

 お尻は一塁側に落とせているので、身体をスペースが確保できており窮屈になることはないだろう。また腕の振りの関係上、あまりカーブやフォークといった球種を使って来ることもなさそうおだ。そういった意味では肘を痛めるという心配は薄いが、腕を下げて投げる投手は肘を痛めやすいので気をつけたい。

 腕の送り出しからも、肩への負担は少なめ。それほど力投派でもないので、疲れも溜め難いのではないのだろうか。ただし腕をムチのようにしならせるというよりも、突っ張って投げるタイプの投手。そういった部分で、肩への負担が少ないわけではない。

<実戦的な術> 
☆☆☆★ 3.5

 「着地」までの粘りがそれほどあるわけではないので、打者としては合わせ難くはないだろう。「開き」自体は抑えられているのだが、テイクバックした時に握りが打者から見える位置にある感じがするので、腕の軌道を図られやすかったり球種が見破られう可能性は捨てきれない。

 腕は強く振れており、勢いがあるので打者の空振りを誘いやすい。ボールにもしっかり体重が乗せられているので、打者の手元まで生きた球が投げられている。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「球持ち」に優れており、あとの動作にも大きな欠点は見当たらない。そのあとの動作に更に粘りが出て来ると、大変厄介な投手になってくるのではないのだろうか。

 また制球を司る動作・故障のリスクも低く、あとは投球の幅をいかに広げて行けるかではないのだろうか。技術的には、かなり高い次元でまとまっている。


(最後に)

 すでにある程度形ができあがっているので、今後の上積みがどの程度残っているのか? より粘っこい投球を、深味のある投球術を身につけられるかどうかで、高校からのプロ入りがあるのか決まってきそう。一冬越えて、どこまで己を高めて来られるのか注目したい。細部まで自己追求できる選手とみたので、その期待に応えてくれるのではないのだろうか。


(2017年夏 甲子園)