18kp-1


 








渡辺 勇太朗(浦和学院3年)投手の寸評へ




渡辺 勇太朗(浦和学院2年)投手 188/78 右/右 





                  「全国で一番気になる投手」





 私が知りうる限り、現時点で一番気になる高校生投手と言えば、この 渡邉 勇太朗 だというだろう。非常に柔らかい身のこなし、恵まれた体型から投げ込まれる姿は、浦和学院時代の 大竹 寛(広島-巨人)を彷彿とさせる。先輩同様に、高校からドラフト1位で入団するのか、今から楽しみな逸材なのだ。


(投球内容)

 いかにも右の本格派という感じのフォームで、バランスの良い投げ方にセンスが滲み出ている。

ストレート 135キロ前後~MAX142キロ 
☆☆☆ 3.0

 夏の埼玉大会などを見ていると、常時135キロ前後といった感じで、驚くような球威・球速ではない。しかし秋には142キロまで到達したというし、私の読みどうり順調に成長を続けているようだ。右打者には球速以上に感じさせる球質の良い球を、うまくコマンドできているように見える。しかし左打者には、やや外角高めに抜ける傾向にある。

変化球 カーブ・スライダー・縦スラなど 
☆☆☆★ 3.5

 ブレーキの効いたカーブで緩急をつけつつ、横滑りするスライダーでカウントを整えて来る。そして追い込むと、鋭く縦に割れるスライダーで空振りを誘える。これらの変化球とストレートを、上手く織り交ぜてコンビネーションで投球を形作って来る。変化球でしかっかりカウントが取れるし、追い込めば空振りを奪える変化球がある。下級生の高校生としては、充分合格点の与えられる内容だろう。

その他

 クィックは、1.15秒前後と標準的。牽制は鋭く、まずまず上手い部類だと言えるであろう。運動神経に優れているというよりは、野球センスに秀でたタイプではないのだろうか。

(投球のまとめ)

 恵まれた体格、投手としてのセンス、素材としての奥行きなどを考えると、ひと冬越えると相当な投手になっているのではないかという期待を抱きたくなる。ただし現時点では、球速は常時135キロ前後と本格化していない。この球速が、ひと冬越えてもあまり変わって来ないようだと、大学タイプの好投手という評価になり、高校からのプロ入りは遠のく可能性も出てくる。





(投球フォーム)

 非常に、上半身と下半身のバランスのとれたフォームをしています。またランナーがいなくても、セットポジションから投げ込んできます。

<広がる可能性> 
☆☆☆ 3.0

 引き上げた足を地面に向けて伸ばすので、お尻はバッテリーライン上に残りがち。そのため身体を捻り出すスペースは充分とはいえないので、捻り出して投げるカーブやフォークといった球を投げると窮屈になってしまいます。

 「着地」までの粘りも平凡で、身体を捻り出す時間は並。そういった意味では、今後決め手となるような変化球を修得できるかは微妙です。しかし自分のフォームの構造をよく理解しているのか?縦のスライダーで空振りを誘うという手段は、非常に良い選択ではないかと思います。このフォームでも、スライダー・チェンジアップは変化させることがしやすいからです。

<ボールの支配> 
☆☆☆★ 3.5

 グラブは最後まで身体の近くで抱えられ、両サイドの投げ分けはしやすい。足の甲の押し付けは、若干まだ浅い部分はあるので力を入れて投げると上吊りやすい(特に左打者相手には)。「球持ち」自体も適度に前では放せているものの、あと少しボールを押し込められるまで我慢できるようだと、もっと細かいコントロールや低めにボールが集まってきそう。この辺は、下半身の鍛錬と股関節の柔軟性を高めて取り組んで欲しい。

<故障のリスク> 
☆☆☆ 3.0

 お尻は落としが甘く窮屈な状況で、カーブやフォークを多投するようだと少し肘への負担が大きそう。特にカーブは結構使って来る投手なので、その辺で肘を痛めないかは心配になる。

 腕の送り出しには無理はなく、肩へ負担は少ないのでは? またそれほど力投派ではないので、疲労を貯めやすいということもないだろう。

<実戦的な術> 
☆☆☆★ 3.5

 「着地」までの粘りも平凡で、身体の「開き」も並ぐらい。そのため打者からすれば、それほど苦になるフォームではないだろう。

 それでも腕はしっかり身体に絡むぐらい勢いよく振れているので、空振りを誘いやすいはず。ボールにも適度には体重を乗せてからリリースできているので、打者の手元までの勢いは球速以上に差し込まれやすくなっている。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、特に悪いところはない。その変わり特別優れているところもなく、「着地」「球持ち」「開き」などの各動作には、もうワンランク上の粘りが出てくると実戦的になってくるのだが。

 制球を司る動作は多少、足の甲の押しつけの甘さから上吊りやすいこと。故障のリスクは、お尻がバッテリーライン上に残りがちの割に、カーブを結構使うので肘への負担が若干心配。今後投球の幅を広げて行けるのかという心配はあるものの、縦スラなどをフィニッシュボールに使い、決め手のある投球を可能にできる可能性を秘めている。


(最後に)

 このオフの間に、どのぐらい身体をいじめ、意識を高めて取り組めるかにかかっている。幸い数多くの投手を育て上げてきた浦和学院だけに、そういったノウハウは充実していると期待したい。一冬越えた時に、全国屈指の存在になっているのではないのか?そんな期待を抱きながら、春の訪れを待ちたいと思う。2018年度の高校生において、最もその成長が楽しみだ。


(2017年夏 埼玉大会)