18dy-9









伊藤 裕季也(立正大4年)二塁手の最終寸評へ







 伊藤 裕季也(立正大4年)二塁 181/90 右/右 (日大三出身)





                    「ちょっと気になる存在」





 東都リーグの中で、ちょっと気になっている野手がいる。その男の名前は、伊藤 裕季也 。パワフルな打撃をする、強打者の二塁手だ。とかく小技や小回りの効くタイプが多い二塁手の中で、パワフルな打撃が目を惹く異色の存在なのだ。


(守備・走塁面)

 残念ながら、一塁までの到達タイムは計測できず。2年秋のシーズンでは、4盗塁を記録。今シーズンも、2盗塁を決めるなど、けして動けない選手ではない。足を売りにするプレースタイルという感じではないが、強打者の割にある程度動けるというのが、この選手の魅力なのではないのだろうか。

 セカンドの守備も、非常に丁寧にボールを扱おうという意識は感じられた。日大三時代は、レフトの控え選手。大学では2年春からレギュラーになり、一塁手として活躍。本格的に二塁手になったのは、4年春から。この春は、11試合で3失策とやや多い。そういった意味では、まだまだ二塁は不慣れで安定感には欠けるのかもしれない。





(打撃内容)

 私が観戦した試合では、上茶谷(東洋大)投手の外角ストレートを右中間スタンドに。また別の投手のスライダーを、センター前にはじき返すなど、パワフルかつ幅の広い打撃を魅せていた。過去のシーズンは、2割台後半~3割5分以内で推移してきた。極端に脆さや粗さを示すことはないが、絶対的な成績を残してはいない。

<構え> 
☆☆☆★ 3.5

 前の足のカカトを浮かしたり降ろしたり地面を踏み踏みしながら、グリップは高めに添えてバットを前に倒して構えます。腰の据わり具合・全体のバランス・両眼で前を見据える姿勢も悪くなく、気持ちの強さが伝わって来るタイプです。

<仕掛け> 早め

 投手の重心が下るときに動き出す、「早めの仕掛け」を採用。あまり脆さがないのも、早めに動き出すことで対応力を重視したアベレージヒッターの仕掛けを採用しているのが大きいのかもしれない。

<足の運び> 
☆☆☆☆ 4.0

 足を大きく引き上げて、コースによって踏み込む場所が変わっているように感じます。始動~着地までの「間」は充分あるのですが、それ以上に強く踏み出そうという意識が強いのかもしれません。それでも速球でも変化球でも、スピードの変化に対応しやすい打ち方です。

 内角を捌くときにはアウトステップして懐を空けて捌き、右方向にはじき返すときには、ベース側にインステップして打ちに行っているように見えます。そういった意味では、打てるコースの幅も広いのではないかと。踏み込んだ前の足元は、右方向に打ち返すときはしっかり止まっています。身体の開きを我慢できるので、逃げてゆく球や低めの球にも食らいつけます。

<リストワーク> 
☆☆☆☆ 4.0

 打撃の準備である「トップ」の形をつくるのは早めに作れており、速い球に立ち遅れません。バットの振り出しも、内角の球を捌くときに肘を畳んできれいに捌けていますし、右方向に打つ時にはコンパクトにボールを捉えられます。それでいて豪快に引っ張るときには、フォロスルーを生かしてボールを勝ちあげています。

<軸> 
☆☆☆★ 3.5

 足の上げ下げは大きいものの、それほど目線の上下動は大きくはありません。身体の開きを我慢できていますし、軸足も地面から真っ直ぐ伸びて安定しており、それでいて内モモにも強さが感じられるスイングです。内モモの筋肉が発達していると、強烈な打球を生み出す原動力になります。

(打撃のまとめ)

 パワフルな打撃をする選手ですが、独特のタイミングの図り方でき脆さがありません。内角の捌きも上手いですし、外角にもきっちり打ち返せる。右にも左にも、スタンドに叩き込める長打力も光ります。

 こと打つことに関しては、プロを意識できる素材。打席への入り方を見ていても、足場をしっかり馴らしており強いこだわりが感じられます。チームの主将を任されているだけに、気持ちの強さを打席でも感じます。


(最後に)

 ボールを捉える感覚の良さに加え、捌きのうまさもあります。更に、右に左にスタンドインできるパンチ力も兼備。打撃に関しては、プロを意識できる素材だと思います。

 あとは、守備や走塁がどの程度なのか? 秋は、もう少しじっくり確かめたいところ。特に上のレベルでも二塁ができる選手なのか? もしできないときはサードなどをこなせるのかなどが気になる部分。ぜひ秋まで追いかけてlその能力を見極めて行きたい選手の一人です。個人的には、かなり面白い存在ではないかとみています。


蔵の評価:
追跡級!


(2018年 春季リーグ戦)