18dp-8


 




松本 航(日体大4年)投手の最終寸評へ







松本 航(日体大4年)投手の春季寸評へ







 松本 航(日体大3年)投手 176/85 右/右 (明石商出身)
 




                      「完成度は高い」





 けして恵まれた体格の持ち主ではないのですが、投手として非常に完成された投手との印象を受ける 松本 航 。明石商時代から兵庫屈指の好投手として注目され、日体大1年時よりチームの主力として活躍。順調に実績を重ね、最終学年を迎えようとしている。秋の神宮大会優勝に大きく貢献した、大学球界屈指の好投手について考えてみた。

(投球内容)

 少し腕を上から叩けるないスリークォーター気味の好投手ですが、けしてひ弱さを感じさせるような投手ではありません。力と技が上手くミックスされた、総合力に優れたタイプです。

ストレート 130キロ台後半~145キロ 
☆☆☆★ 3.5

 打者の手元まで勢いが落ちない真っ直ぐが、捕手のミットに突き刺さります。特に右打者の外角のクロスへの球筋に優れ、そのギリギリのゾーンに、ポンポンと投げ込んでくるのが持ち味。それほど高めに浮く球は少ないのですが、左打者には多少アバウトになる傾向があります。左打者の内角を厳しく突くこともできますが、左打者には投げミスも少なくありません。特に中背で腕の振りもスリークォーター気味なので、球筋が平面的な球筋です。そのためイニングが進んで来ると、打者が目が馴れて来る恐れがあります。

変化球 カーブ・スライダー・カットボール・チェンジアップ・フォークなど 
☆☆☆★ 3.5

 変化球は一通り投げられるという感じで、速球と多彩な球種を絡めたコンビネーションで打ち取るタイプ。ブレーキの効いたカーブも投げられますし、縦の変化も結構見られます。どれか絶対的なボールがあるわけではないのですが、変化球全般の精度・キレともに高い水準でまとまっています。ストレートに目が馴れて来るところを、多彩な変化球を活かした投球術で、的を絞らせないようにするのが持ち味。

その他

 クィックは、1.0~1.1秒ぐらいと素早く、フィールディング・牽制も基準以上。マウンド捌きも含めて、非常に野球センスに優れた選手だと言えるでしょう。特に右打者外角一杯のゾーンで、微妙に出し入れできる制球力と投球術は一級品。


(投球のまとめ)

 いわゆるピッチングができるといったタイプの投手であり、ポンポンとストライクをとって有利な状況を作り出すのがうまいです。多彩な球種を魅せて、相手の思考を停止させるのが最大の持ち味。投球術・制球力・ボールの威力と、総合力に秀でた即戦力タイプ。今すぐにでも短いイニングならば、一軍のマウンドでも投げられそうな完成度です。

(投球フォーム)

ワインドアップで振りかぶり、勢いよくガバッと高い位置まで足を引き上げてくるフォーム。

<広がる可能性> 
☆☆☆★ 3.5

 引き上げた足を、かなり後ろ(二塁方向)に送り込むので、お尻はバッテリーライン上に残りがち。すなわち身体を捻り出すスペースは充分ではなく、カーブやフォークを投げるのには窮屈になりがち。

 「着地」までは、前に足を逃がすのが上手く、身体を捻り出す時間を確保。そのためキレ味や曲がり幅の大きな変化球の修得も期待できます。


<ボールの支配> 
☆☆☆☆★ 4.5

 グラブは内に抱えられ、両サイドの投げ分けはつけやすいはず。足の甲の押し付けも深く、ボールが高めには抜けません。スリークォーターでボールを上から叩け無い腕の振りなのですが、「球持ち」もよく両サイドを中心に細かいコントロールもつけられています。


<故障のリスク> 
☆☆☆ 3.0

 お尻が落とせない割に、カーブやフォーク(スプリット)系の球を結構使ってくるので、腕の送り出しが窮屈になり肘への負担が少なくないでしょう。

 振り下ろす腕の角度には無理がないので、肩への負担は少なそう。それほど力投派といったタイプではないので、疲労を貯めやすいフォームではないようには感じます。


<実戦的な術> 
☆☆☆ 3.0

 「着地」までの粘りは悪くないので、打者に合わされやすいということはなさそう。ただし「開き」は若干早いので、球筋が読まれやすく甘くないコースの球まで打ち返される危険性があります。

 「球持ち」は悪くないのですが、投げ終わったあと身体にはあまり腕が絡んできません。ボールに体重を乗せてからリリースできており、打者の手元まで生きた球は投げられています。


(フォームのまとめ)

 フォームの4大要素である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「開き」に課題があるように思います。そのため良いコースに投げ込んでいても打ち返されてしまったり、縦の変化を見極められやすい可能性があります。

 コントロールを司る動作には優れ、故障のリスクは平均的。多彩な球種も投げられる下地と器用さはありますが、武器になるほどの絶対的な変化球を身につけられるかは微妙だと言えます。



(最後に)

 完全にスケールよりも、実戦派タイプです。ゲームメイクするセンスもありますし、投球に大きな欠点はありません。しかしこういったタイプは、プロの先発を任されるほどのスケールがあるのかが一つ見きわめのポイントに。また実戦派としては、左打者への投球、武器になる変化球 など、もうワンランク上の隙なしの投球を求めたいところ。現状は、戦力が薄いチームで即戦力が欲しいといった球団向き。そういったチームが中位ぐらいで指名して、その順位以上に働いてくれることを期待したいタイプといった感じでしょうか? 今後の上積みよりも、今の技量でどのぐらいプロで通用するのかといったことで判断すべき選手だと感じました。


(2017年秋 神宮大会)