18dp-7


 




島内 颯太郎(九州共立大4年)投手の最終寸評へ







島内 颯太郎(九州共立大3年)投手 180/77 右/右 (光陵出身) 
 




                    「縦の変化ばかり」





 島内颯太郎の投球を見ていると、カーブやスライダーは見当たらず、投球のほとんどがチェンジアップとフォークで構成されているように見える。それでも3年秋のリーグ戦では、防御率0.64と最優秀防御率を獲得。さらに、MVPにも選出された。


(投球内容)

 ノーワインドアップから、グイッと足を高くまで引き上げてきます。そこまで忙しくはないのですが、何処と無く「UFO投法」で話題になった 山内 泰幸(日体大-広島)投手を彷彿とさせます。

ストレート 140~147キロ 
☆☆☆★ 3.5

 ボールに角度や適度な勢いを感じさせ、良いストレートを投げ込んできます。それほど高めに抜けるとかいうことはなく、両サイドに散ってゆく感じ。しかし時々、中に甘く入ってくる球も多く怖いと思える球も少なくありません。対戦相手の日体大の打者達も、ボールの勢いの割にバットの芯でしっかり捉えていたのも気になりました。

変化球 チェンジアップ・フォーク 
☆☆☆★ 3.5

 速球と縦の変化とのコンビネーションで、カーブやスライダー系の球が見当たりません。チェンジアップ系の球でカウントを稼いだり、フォークでも狙ってストライクが取れるのかもしれません。しかし気になるのは、元来ならば空振りが誘えるはずの、地面のあたりに沈むフォークボールを完全に見極められていたこと。これは、かなりフォークボーラーとしては致命的だと感じます。この辺を、もう少し打者の近くで変化させることができるようにならないと厳しいでしょう。

その他

 牽制はそれなりに鋭いですし、クィックも0.95~1.05秒前後と非常に高速。細かい投球術や「間」を意識したピッチングという感じは致しませんが、投げっぷりは悪くありません。

(投球のまとめ)

 配球が単調なのとフォークを多投することでの疲労などを考慮すると、今の投球スタイルだとプロでは中継ぎ・リリーフタイプということになるのではないのでしょうか。ストレートの勢いは確かであり、もう少しフォークで空振りが取れるようになると、かなり厄介な投手になりそう。現状はスケールで魅了するというよりは、実戦型という範疇に入るのではないのでしょうか。





(投球フォーム)

<広がる可能性> 
☆☆☆★ 3.5

 引き上げた足は比較的高い位置で伸ばされているのですが、完全にピンと伸ばしきらないせいか一塁側にへの落としに甘さは残します。それでも身体を捻り出すスペースはある程度確保できているので、カーブやフォークといった捻り出して投げる球種を投げるのには無理は感じません。

 「着地」までの粘りは淡白というほどではありませんが、それなりといった感じか。身体を捻り出す時間はそこそこで、元来ならばもっといろいろな球種は投げられるはず。しかし武器になるほどの鋭い変化や曲がりの大きい変化球を修得できるかは微妙です。その辺が、フォークで空振りを誘うほどではないことの一つの要因かと。

<ボールの支配> 
☆☆☆ 3.0

 グラブはしっかり内に抱えられているというほどではないのですが、最後まで身体の近くにはあります。そのため両サイドには、ボールを散らすことはできています。しかし足の甲での地面への押しつけは浮いてしまっていて、力を入れて投げるとボールが上吊ってしまいます。そこを腕を真上から振り下ろしリリースで抑え込むことで、なんとか抜けるのを防いでいるといった感じでしょうか。

<故障のリスク> 
☆☆★ 2.5

 お尻はある程度は一塁側に落とせているので、カーブやフォークを投げても窮屈さは感じません。そういった意味では、フォークボーラーとしての適性は感じます。

 その一方で、執拗に角度を付けて投げ込んでくるのが気になります。グラブを持っている肩は下がり、ボールを握っている肩は完全に上がるので、肩への負担は相当大きいのではないかと考えられます。けして力投派ではないのですが、腕を強く振ったり地面を強く蹴り上げられるフォームなので、疲労自体は溜まりやすい恐れはあります。

<実戦的な術> 
☆☆☆ 3.0

 「着地」までの粘りはそれほどではない上に、身体の「開き」はやや早い気がします。そのため打者からは、苦になく合わされてしまうフォームなのではないかと。

 その一方で、腕はしっかり身体に絡むような「球持ち」の良さと腕の振りの良さは感じます。またボールに体重を乗せてからリリースはできているので、打者の手元まで生きた球がゆきます。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「開き」などを含めた合わされやすさが気になります。また「開き」が早いことで、いち早く球筋が見破られフォークが見逃されしまいことが多いのが気になります。

 制球を司る動作は足の甲の押し付けが浮いてしまうこと、肩への負担が大きいフォームなのは気になります。お尻を落とせるなど球種を増やすことは期待できますが、もう少し「着地」までの粘りを作ってゆかないと、どれも中途半端で決め手不足になってしまう恐れがあります。


(最後に)

 ボールの勢いは素晴らしいですし、縦の変化で相手を翻弄できることは高く評価できます。しかし現状のピッチングだと、長いイニングは期待できないのではないのでしょうか。あくまでも中継ぎ・リリーフ候補として位置づけ評価してゆくのであれば、中位ぐらいで指名される可能性は秘めています。ただしスケールよりも実戦派というタイプだと思いますが、実戦派というにはまだ詰めの甘さ・中途半端な部分が見え隠れします。その辺を、最終学年でいかに改善して行けるのか注目したいところです。


(2017年秋 神宮大会)