18dp-6


 




福田 俊(星槎道都大4年)投手の最終寸評へ








福田 俊(星槎道都大3年)投手 170/75 左/左 (横浜創学館出身) 
 




                     「即戦力候補だね」





 来年即一軍で戦力になりそうな左腕、そういった意味ではこの 福田 俊 は有力な候補になりそうだ。スリークォーターから投げ込む投球は、スケールで魅了するというよりは実戦派。追い込まれた時の精神力の強さこそ、この選手の魅力ではないのだろうか。


(投球内容)

 横浜創学館時代から、高校生離れしたマウンド捌きをしていたサウスポー。高校からプロにゆくほどのスケールは感じられなかったが、大学ならば頭角を現すだろうと思っていた。ただその場所が、神奈川から遠く離れた北海道の地だとは思ってもみなかったが。

ストレート 130キロ台後半~140キロ台中盤 
☆☆☆★ 3.5

 球速的には常時140キロ前後ぐらいと、ドラフト候補としては並ぐらい。高校時代はもっとピュッと切れる感じの球だったが、今は適度に球威も加わってきた。彼の素晴らしいのは、勝負どころでも好いところに決まるというところ。精神的に追い込まれた状況でも、自分の持ち味を素直に発揮できるメンタルの強さがある。

変化球 スライダー・カーブ・チェンジアップなど 
☆☆☆ 3.0

 横滑りするスライダーとのコンビネーションが中心で、時々もっと緩いカーブを織り交ぜたりする。また右打者に対してはチェンジアップ系の球も投げるものの、むしろ右打者の外角にはボールゾーン~ストライクゾーンにバックドアのスライダーを使うことの方が多いのではないのだろうか。

 時々甘く入ったカーブを狙い撃ちされたり、プロの打者を仕留めきるほどの変化球はないように感じる。カウントを稼ぐことはできても、決め球になりえる球がないのは気になる。

その他

 クィックは、1.15~1.20秒ぐらいと平均的。ランナーを出して牽制は観られず、フィールディングはそれなりに上手いのではないのだろうか。

(投球のまとめ)

 マウンド捌きに優れ、試合をまとめられるタイプではある。ただしプロという舞台で考えると、先発よりもリリーフで持ち味を発揮するタイプではないかと思うのだがどうだろうか? というのも「間」をそれほどゆったり使って来るタイプでもなければ、カーブで緩急が甘くなったり、チェンジアップ系の精度もそれほど高くない。速球とスライダーという単調な配球であり、現時点ではリリーフの方が活きる印象を受けている。

(投球フォーム)

ノーワインドアップから、静かに入ってくるフォームです。

<広がる可能性> 
☆☆☆★ 3.5

 お尻は思ったよりも三塁側(左投手の場合は)に落ちており、身体を捻り出すスペースは確保できている。そういった意味では、カーブやフォークを投げるのにも無理はない。

 「着地」までの粘りもそれなりで、身体を捻り出す時間も確保。将来的には、多彩な球種で的を絞らせない投球も期待できるかもしれない。

<ボールの支配> 
☆☆☆★ 3.5

 グラブは内にしっかり抱えられ、両サイドにはボールが散りやすいはず。しかし足の甲の押し付けは浅いので、力を入れて投げると上吊りやすい。「球持ち」自体は悪くないが、繊細なコントロールいうほどではない。あくまでも、大方この辺にといったタイプなのだろう。

<故障のリスク> 
☆☆☆☆ 4.0

 お尻はある程度落とせるフォームなので、カーブやフォークを投げても窮屈にはならない。そのため肘への負担も少ないだろうし、そういった球種もあまり見られない。

 腕の送り出しにも無理はなく、肩も痛め難いのでは。もう少し全身を使った力投派だと思っていたが、意外に消耗の少ないフォームだったのに驚く。そういった意味では、疲れも溜め込み難く故障のリスクも低いのではないのだろうか。

<実戦的な術> 
☆☆☆ 3.0

 「着地」までの粘りはそれなりで、「開き」も抑えられており、打者としては球の出処は見難そう。

 しかし振り下ろし腕はあまり身体に絡んで来ないなど、腕の振りやフォームに思ったほど勢いが感じられない。これでは、プロのレベルの打者から三振を奪えるかは微妙な気がする。またボールへの体重乗せも、前の足が突っ張ってグッと前に体重移動して行かないところは気になる。あくまでも上半身や腕の振りで、キレを生み出すタイプだということだろうか。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」の観点でみると、「体重移動」に課題があるのではないのだろうか。

 故障のリスクは低そうだし、今後もさらに球種を増やし投球の幅も広げて行けそう。しかし足の甲の押し付けが浅いなど、ボールが上吊りやすかったりと、四死球こそ出さないが細かい制球力はない感じがする。


(最後に)

 現状は、7:3 ぐらいで、プロで即戦力になるとすればリリーフだろうなという気がしています。プロで先発をとなると、もうワンランク上の内容を求めたくなります。そのため現在の位置づけは、3位前後ぐらいなのでは? さらに内容を良化しアピールできれば、2位指名あたりまでは夢ではないように感じるし、このままで中継ぎタイプだという印象を受けるようだと4位ぐらいで収まる可能性も捨てきれない。果たしてどのような最終学年になるのか? 今から期待して見守ってみたい。


(2017年 神宮大会)