18dp-11


 




伊藤 将司(23歳・JR東日本)投手の本当に凄いやつへ







伊藤 将司(国際武道大3年)投手 177/82 左/左 (横浜出身) 
 





「左にスケールはいらない」 





 横浜高校や国際武道大などで、全国大会や世界を舞台に経験豊富を誇る 伊藤 将司 。 これまでは適度にまとまったサウスポーという印象が強かったが、ここに来てコンスタントに140キロ台を越えてくるようになった。けしてスケール感溢れる素材ではないが、精神的にも強く「勝てる投手」、そういった印象が強い。プロの世界でもサウスポーに関しては、スケールよりも実戦力がものをいう場合が大きい。この投手は、まさにそういったタイプの代表格なのだ。


(投球内容)

ランナーがいなくても、セットポジションから足をスッと引き上げてきます。

ストレート 130キロ台後半~140キロ台前半 
☆☆★ 2.5

 先発だと140キロ前後、リリーフだとコンスタントに140キロ台は越えてくるようになってきた。けしてドラフト候補としては、球威・旧側面では優れているとはいえない。それでもピュッと手元でキレるタイプの球質なのと、多彩な変化球とのコンビネーションなので気にならない。特に左投手ながら、右打者の外角へは微妙な出し入れができる制球力を持っている。

変化球 スライダー・カーブ・フォーク・ツーシーム・チェンジアップなど 
☆☆☆★ 3.5

 絶対的な球種があるわけではないのですが、多彩な変化球を織り交ぜ相手に的を絞らせない。横の変化だけでなくフォークのような沈む球も結構織り交ぜてきて、相手としては狙い球を絞られず厄介なのでは。特に左打者にとっては、外角に曲がりながら沈んでゆくスライダーは、より遠くに感じられるはず。

その他

 クィックは、1.2秒前後と平均的。牽制もそれほど走者を刺しには来ないが、入れるタイミングは悪くない。フィールディングの動きもよく、身体能力に優れているというよりも、野球センスの高さが伺われる。

(投球のまとめ)

 ゲームメイクできる投球術と、要所で強さを発揮できる精神力がこの選手の魅力。この精神面の強さは、横浜高校の先輩でもある・柳 裕也(中日)に通ずるものがある。けしてドラフト上位で指名されるようなスケール感はないが、逆に中位から下位ぐらいで獲得できるならば、お得感のあるサウスポーになるのではないのだろうか。特に、先発期待できるタイプだけに。


(投球フォーム)

では技術的な観点としては、どうだろうか?

<広がる可能性> 
☆☆☆★ 3.5

 お尻は甘さは残すものの、三塁側(左投手の場合は)には落ちています。そのため身体を捻り出すスペースはある程度は確保できており、カーブやフォークといった球種を投げるのにも無理はありません。

 「着地」までの粘りも適度にあり、身体を捻り出す時間は確保。多彩な変化球を投げられる下地があり、実際のところそういった投球はできています。ただし、絶対的な武器になるような球は見出だせていません。

<ボールの支配> 
☆☆☆★ 3.5

 グラブが内に抱えられていないので、意外にアバウトな部分があります。足の甲の押し付けもある程度できていますが、少し浅くは感じません。ボールがそれほど抜けないので、その辺は良いのですが。この選手が優れているのは、「球持ち」に優れボールを手元でコントロールできるところ。この辺が、動作の割に安定した制球力を誇る理由ではないのでしょうか。

<故障のリスク> 
☆☆☆☆ 4.0

 ある程度お尻を落とせているので窮屈さがなく、カーブやフォークを投げても負担は少ないはず。そういった意味では、肘への負担は少なめ。腕の送り出しも無理な角度は感じないのですが、縦に腕を降ろそうという意識が強いのが動作に違和感を感じます。そのため負担が大きいというよりも、どうしてもボールを置きにゆくように見えます。

 思ったよりもフィニッシュ時は力投する部分もあるのですが、ストレートで押すことが少なく消耗は少なめだと判断します。

<実戦的な術> 
☆☆☆★ 3.5

 「着地」までの粘りはそれなりで、身体の「開き」も抑えられています。そういった意味では、甘く入らなければ痛手は食い難いと言えそうです。

 腕もしっかり振れて勢いはあるので、打者の空振りを誘いやすいはず。ステップが多少狭くて投げ終わったあと身体が流れますが、ボールには適度に体重が乗せられるように見えます。

(フォームのまとめ)

 投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」でも、大きな欠点は見当たりません。特に「球持ち」と「開き」がよく実戦的なフォームだと言えるでしょう。

 制球を司る動作は思ったほどではないものの、指先でコントロールできるタイプ。故障のリスクも高くなく、投球も多彩な球種を起用に使えることができています。全体的には、それなりに実戦的なフォームをしていると評価できます。


(最後に)

 一見みると、アマチュアタイプの好投手に見えてしまいます。しかし左腕の場合、スケールよりも実戦力があればそれなりにプロでも通用する傾向にあります。球威・球速という部分ではやや見劣りしますが、そのぶん技術やセンス・精神面でそこを補えていると判断します。最終学年でのアピール次第ですが、個人的には実戦力の高い左腕として中位指名ぐらいならば美味しいのではないかとみています。


(2017年 大学選手権)









伊藤 将司(横浜高3年)投手の個別レポートへ(無料)