17sy-5


 




松本 直樹(24歳・西濃運輸)捕手の個別寸評へ








松本 直樹(24歳・西濃運輸)捕手 177/75 右/右 (丸亀-立教大出身) 
 




                       「肩は凄いはず」





 本気で投げた時の送球は凄いのだが、意外に実戦では小さなテイクバックで、制球力重視で投げ込んでくる 松本 直樹 。社会人を代表する強肩捕手として注目されるが、一体どんな捕手なのか?

 立大時代は、4年秋になってようやく芽が出た苦労人。9試合に出場したが、一本のヒットも放てず4年間が終わる。しかし社会人の強豪・西濃運輸に進むと、1年目から正捕手に抜擢。好投手の球を、見事受け止めて見せた。


(ディフェンス面)

 とにかく身体を小さく屈め、低く構えるのが特徴的。ミットを示し、グラブを地面につける癖もない。1球1球のキャッチングもしっかりしていて、特にキャッチングに大きな不満は感じない。特別身のこなしが柔らかいとか、反応が素早いとか、何か突出したものは感じないのだが。

 やはり最大の売りは、けして無理しなくても1.8秒台を刻んで来るスローイング能力。元来非常に地肩が強い選手なので、多少力をセーブしても正確に送球でき1.8秒台の送球を可能にしている。ことディフェンス面だけ見れば、ドラフト指名されても不思議ではないだろう。





(打撃内容)

 六大学通算20打数0安打だった男だが、都市対抗では打率.357厘をマークし、4試合で5本のヒットを放って見せた。

<構え> 
☆☆★ 2.5

 少しクローズ気味に構え、グリップは高めに添えます。腰の据わりはいいものの、クロスに立っているので両眼で前を見据える姿勢、全体のバランスとしては癖があります。最初から身体が一二塁間方向に向いて構えているのですから、当然打撃はセンターから右方向を重視しないと意味がありません。

<仕掛け> 平均的

 投手の重心が沈みきった底のあたりで動き出す、「平均的な仕掛け」を採用。ある程度の確実性と長打力をバランスよく兼ね備えた中距離打者やポイントゲッターに多く観られる仕掛けです。

<足の運び> 
☆☆☆☆ 4.0

 足を引き上げて回し込み、少しベース側に踏み出してきます。始動~着地までの「間」はそこそこで、速球でも変化球でもスピードの変化にはそれなりに対応。ベース側に踏み込んで来るということは、外角寄りに意識があることがわかります。踏み込んだ足元はブレないので、逃げてゆく球や低めの球にも食らいつくことができます。

<リストワーク> 
☆☆☆★ 3.5

 打撃の準備である「トップ」を作るのは早めに作れており、速い球に立ち遅れる心配はありません。振り出しはインサイド・アウトではありませんが、インパクトまではロスは感じません。ボールを捉える時もバットの先端でるヘッドを立てて、広い面でボールを捉えることができ打ち損じは少ないはず。ただしスイングの際に、少し波打つのが気になります。

<軸> 
☆☆☆☆ 4.0

 足の上げ下げはありますが、目線の上下動は少なめ。身体の開きも我慢でき、軸足も大きくは崩れてはいません。それほど内ももの筋肉に強さは感じられないので、強い打球が打てるのかには疑問が残りますが。

(打撃のまとめ)

 それほど当て勘やスイングに特徴は感じないものの、技術的には悪い癖もなく完成されています。けして全く打てない選手ではありませんし、打撃にもっと意識を傾けられれば大きく伸びるかもしれません。


(最後に)

 攻守に大きな穴がなく、圧倒的なスローイングがあります。そういった意味では、ドラフト候補としてマークしてみたい素材ではないのでしょうか。あまり捕手としても、打者としてもピンと来るものはありませんが、指名解禁となる今年は注目して見る価値は充分ありそうです。


(2016年 都市対抗)