17sp-8


 




奥村 政稔(26歳・MHPS横浜)投手の最終寸評へ








 奥村 政稔(25歳・MHPS横浜)投手 176/68 右/右 (中津東-重工長崎)





                    「今年は指名されるよね」





 中津東商時代から注目されてきた投手で、重工長崎時代でも毎年のようにドラフト候補として期待されてきた 奥村 政稔 。チームが重工横浜と合併したことで、拠点を関東に移すことになった。そんな新しい環境になり、ワンランクレベルアップしてきたのだ。毎年少しずつだが進化しており、今年はいよいよ指名領域に入ってきた、そう実感をさせられる。


(投球内容)

少しアーム式で、ブンと腕を外から強引に振ってくるフォーム。

ストレート 常時145キロ前後~MAX147キロ 
☆☆☆★ 3.5

 投球の多くはカットボールを使うことが多く、フォーシームの真っ直ぐは勝負どころで使うことが多い。そのため先発でもフォーシームを投げるときは力が入っており、コンスタントに145キロ前後を記録し威力があります。逆に完全に球質が球威型なので、空振りを誘うというよりは、詰まらせるタイプの真っ直ぐ。

変化球 カットボール・チェンジアップ・スライダー・フォークなど 
☆☆☆★ 3.5

 上記にも書いたように、投球は140キロ前後のカットボール中心に組み立てられます。そのため少しボールがズレるような感じで、バットの芯を外します。その他チェンジアップだかフォークのようなドロンとした縦の変化がありますが、この球がキレイに抜けて空振りが取れる時と低めに行っても見極められてしまうこともあります。たまにスライダーやチェンジアップなどの、中間球の球も使いますが、こういったボールをあまり使わないで投球を組み立てる珍しいタイプかと。

 変化球の投げミスは少ないのですが、速球共々微妙にボールになったり収まりが悪い部分があります。基本的には、アバウトな投手だと言えるでしょう。

その他

 クィックは、1.1~1.2秒ぐらいと平均的。走者を背負っても、牽制はして来ない。走者への目配せ、注意力が低い選手ではないように見えます。しかし投球以外の部分も、やや不器用な感じはします。

(最後に)

 内外角にボールを散らせたり、甘いゾーンにはあまり入ってきません。しかし微妙にストライクが欲しいところでボールになったりと、ボールが先行することも少なくありません。いわゆる見ていて、収まりの悪い投手で、球数はどうしても多めになっているのではないのでしょうか。

 非常にボール自体に力があるので、この点では今年の社会人でも上位だと今年何度も見てきて思っています。投球が両サイドに散らせつつ、縦の変化を多く混ぜてくるので的が絞り難い。比較的低い順位で獲るのならば、面白い存在ではないのでしょうか。


(投球フォーム)

今度はフォームの観点から、彼の可能性について考えてみよう。

<広がる可能性> 
☆☆☆★ 3.5

 引き上げた足を比較的高い位置でピンと伸ばされており、お尻は甘さは残すものの一塁側へは落とせている。これにより体を捻り出すスペースはある程度確保できており、カーブで緩急をフォークで空振りを誘う投球は可能となる。

 「着地」までの粘りは平均的で、体を捻り出す時間は並。そのため変化球のキレや曲がりは、どうしても並になり特徴を見出し難い。フォークもややドロンとしてキレイに抜けないのは、この辺の動作が大きいのかも。ストレートも含めて微妙にズラしたり詰まらせることで、打たせてとるのがこの選手の身上。

<ボールの支配> 
☆☆☆ 3.0

 グラブは最後まで内に抱えられており、両サイドの投げ分けは安定。足の甲の押し付けが地面から浮いてしまい、力を入れて投げるとボールが上吊ってしまいがち。「球持ち」も平均的で、ボールを押し込めたり、バックスピンをかけて回転の好いボールが投げられるわけではない。現状は大まかには散らすことはできるが、微妙に決まらず収まりが悪い。

<故障のリスク> 
☆☆★ 2.5

 お尻は落とせているので、カーブやフォークなどを投げても無理のないフォームではある。そういった意味では、肘への負担は少ないのでは?

 しかし振り下ろす腕の角度があり、送り出しにも無理が感じられ肩への負担が大きいそう。さらに腕も体から離れ外旋し、肩で投げている感じ。そういった意味では、肩への負担が大変大きなフォームではないかと。頑強そうな体つきではあるが、力投派なので疲れも貯めやすく登板過多になると不安は大きい。

<実戦的な術> 
☆☆☆ 3.0

 「着地」までの粘りや体の「開き」は平均的で、フォーム自体それほど苦になるわけではない。その分ボールを微妙に動かしたり、球威のある球で詰まらせることに走っている。

 腕を強く振れており、変化球では空振りを誘いやすい。ボールへの体重の乗せは充分とは言えず、この辺がもう少し上手くゆくと、打者の手元までもっと来る感じの球になるのではないのだろうか。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、大きな欠点がないかわりに優れた部分もない。もう少し「体重移動」が上手くできると、球の質なども改善されそう。

 足の甲の押し付けが浮きがちでボールが高めに抜けやすいこと、肩への負担が大きなフォーム、「着地」の早さから多彩な球種は投げられる下地があるものの決め球になるほどの球が見出し難いフォームであることは理解しておきたい。


(最後に)

 25歳にしてはまとまりの悪い部分はあるものの、制球力、変化球などの部分が許容範囲に入ってきた。まして社会人でも上位の球威・球速を誇り、この辺は推せる材料。あまり高い順位でのプロ入りには賛同できないが、下位指名で意外に使えるという指名ならば、面白い選手ではないかと思う。年々少しずつ技量を伸ばしてきた点も買える材料で、今年は指名リストに名前を入れてみたい。


蔵の評価:
☆☆ (中位指名以降ならば)


(2017年 都市対抗)