17sp-3


 




高木 渉(真颯館3年年)投手の野手寸評へ







高木 渉(真颯館2年)投手 180/75 右/左 





                    「この冬の成長次第では」





 福岡に1人、ちょっと気になる投手がいる。その男の名前は、 高木 渉 。均整の取れた体格から投げ込まれる速球と縦に鋭く落ちるスライダーに威力があり、この冬の成長次第では、ドラフト候補に入ってきても不思議ではない男なのだ。

(投球内容)

ストレート 常時135キロ前後~MAX143キロ 
☆☆★ 2.5

 2年夏の時点では、常時135キロ前後ぐらいか。夏前にはMAX143キロまで到達したのだというが、まだまだ好い球と悪い球のバラツキは大きい。時々指にかかった時のボールに可能性を感じさせる投手で、そういった球が安定して投げられるようになると面白い。それほど細かいコントロールはないものの、おおよそ打者の外角に集めることができていた。物凄くグ~ンと手元で伸びるとか、ピュッと空振りを取れるキレはないが、適度に勢いを感じさせるボールを投げている。

変化球 カーブ・縦スラ 
☆☆☆ 3.0

 カーブなのかスライダーなのかわからないが、カーブのような縦に曲がりながら落ちる球でカウントを整える。しかし投球の多くは、速球で押すピッチングスタイル。追い込むと、縦のスライダーで空振りを奪うことができる。落差自体はしっかりしているので、あとはもう少しストライクゾーンからボールゾーンにコントロールできるようになれば、高校生ではなかなか打てない代物となる。

その他

 牽制は鋭く、クィックも1.05~1.15秒でまとめられており、投球以外の能力も高そう。打ってもチームの4番を務めるなど、野球センスに優れている。ランナーを背負ってからも、ボールを長く持ったりとする投球センスも秘めている。

(投球のまとめ)

 2年夏の時点では、私学の強いところと戦うと厳しい部分はあった。しかしストレートの勢い・縦スラの威力は本物で、さらに投手としてのセンス、運動神経にも優れたものを持っている。志しを高く持って冬のトレーニングを積んで行ければ、春季大会では福岡でも話題になりそうな投手なのは間違いない。





(投球フォーム)

今度はフォームの観点から、この選手の可能性を考えてみよう。

<広がる可能性> 
☆☆★ 2.5

 お尻はバッテリーライン上に残ってしまっており、身体を捻り出すスペースは充分とはいえない。そのためカーブやフォークといった身体を捻り出して投げる球だと、どうしてもフォームが窮屈になりがち。

 「着地」までの粘りもそれほどではなく、身体を捻り出す時間も並ぐらい。こうなると手元で鋭くキレる変化球や曲がり幅が大きい球の習得は心配になるが、カーブのブレーキも悪くないし、縦スラの落差も空振りが誘えるものを持っているので悲観することはない。

<ボールの支配> 
☆☆☆☆ 4.0

 グラブは最後まで内に抱えられており、両サイドの投げ分け安定。足の甲でも地面を捉えており、ボールもそれほど上吊らない。「球持ち」もそれなりで、更にボールが押し込めるようになると、低めにも集まってきそう。現時点ではそれほど細かいコントロールはないものの、下半身が安定してくれば制球の好い部類になるかもしれない。

<故障のリスク> 
☆☆☆ 3.0

 お尻が落とせない割に、カーブのような球で緩急を、縦スラだと思われるが縦の変化がフォークボールだと肘への不安は大きくなる。

 腕の送り出しには無理がなく、肩への負担は少なそう。物凄い力投派でもないので、疲労の蓄積は少なそうだ。

<実戦的な術> 
☆☆☆ 3.0

 「着地」までの粘りや身体の「開き」は並だが、全体的にフォームが直線的で合わせやすいのではないかと考えられる。

 腕は強く振られており、速球と変化球の見極めは困難。そういった意味では、縦スラで空振りを誘うという意味では大きい。ボールへの体重の乗せはまだ不十分で、もう少しリリースを我慢してから投げられれば、打者の手元までの球威・勢いのある球が投げられるようになるだろう。

(フォームのまとめ)

 投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」でいえば、「開き」と「体重移動」が発展途上という感じがする。極端に悪いということではないが、すべての動作にもう少し粘りが出てくると面白い。

 お尻が落とせないことで肘への負担はあるのと、今後ピッチングの幅を広げて行けるのかという疑問は残る。それでも故障のリスクは少く、順調に伸びて行けそうなところは明るい材料。

(最後に)

 まだドラフト候補確定というほどの選手ではないが、面白い素材であるのは間違いない。この世代ではそういった素材に出会う機会も少ないだけに、ひと冬越えた成長を期待せずにはいられない。春季大会から、その名前が響いて来るようだと楽しみなのだが。


(2016年夏 福岡大会)