17kp-9


 








藤井 黎来(大曲工業3年)投手の個別寸評へ







藤井 黎来(大曲工2年)投手 181/82 右/右 





                     「東北屈指の存在」





 秋の時点で東北屈指の素材といえば、この 藤井 黎来(大曲工2年)ではないのだろうか。スラッとした手足の長い体型というよりは、ガッシリした体格から投げ込む馬力型というタイプ。

(投球内容)

ノーワインドアップから投げ込んできます。

ストレート 130キロ台後半~MAX144キロ 
☆☆☆★ 3.5

 手元でグ~ンと伸びるとかピュッとキレるような、空振りを誘う球ではありません。ズシッと重い音が、ミッとから鈍く響きます。ストレートのコマンドはそれほど高くはなく、大まかに内外角を投げ分けて来る感じ。全体的には、真ん中~高めに集まるボールが多い。それでも四死球で自滅するとか、そういった危うさはありません。

変化球 カーブ・スライダー・フォーク・チェンジアップなど 
☆☆☆ 3.0

 カーブでもスライダーでもチェンジアップでもカウントを稼ぐことができますが、それほど絶対的なキレやコントロールはありません。適度にコンビネーションに織り交ぜ、目先を変えてゆく感じでしょうか。追い込んでから、ストンと落ちたフォークらしき沈む球があったのですが、この球の精度が上がってくると空振りを奪えるだけに楽しみです。

その他

 適度に鋭い牽制を混ぜたり、クィックは1.10~1.25秒ぐらいと幅があります。このクィックのタイミングを意識的に変えて投げているとすれば、かなりの投球術の持ち主だとは思います。しかし単に投げるタイミングや球種で変わっているとすると、まだまだという感じでしょうが、どうなのでしょう。

(投球のまとめ)

 
ボールのに力があり、マウンドさばきも悪くありません。まだ細かいコントロールがないのは気になりますが、投げるタイミングを意図的に変えて投げているとすれば、想像以上に考えて投球をしていることになります。ボールを持ってからも結構長く持ってから動き出したりと、そういった時間の使い方を意識している可能性は感じます。



(投球フォーム)

今度は、投球フォームの観点から考えてみましょう。

<広がる可能性> 
☆☆☆ 3.0

 引き上げた足を高い位置でピンと伸ばせており、お尻は一塁側に落とすことができています。そのため身体を捻り出すスペースは確保できており、カーブで緩急をつけたり、フォークのような縦に落ちる球を投げても窮屈さはありません。

 しかしながら「着地」までの粘りはいまいちで、身体を捻り出す時間は物足りない。こうなると身体の近くでキュッと曲がる変化球や曲がり幅の大きな球の習得は厳しいかもしれません。


<ボールの支配> 
☆☆☆★ 3.5

 グラブは最後まで身体の近くで抱えられており、両サイドへの投げ分けはしやすい。しかし足の甲の地面への押しつけが完全に浮いてしまい、力を入れて投げるとボールが上吊ってしまいがち。それでも「球持ち」はよく、力を指先まで伝えることである程度制御できているといえます。

<故障のリスク> 
☆☆☆☆ 4.0

 お尻は落とせているので、カーブやフォーク投げても肘への負担は少なめ。実際にそういったボールは使ってきますが、それほど問題はないと考えられます。

 腕の送り出しにも無理はないので、肩への負担も少ないのでは? それほど力投派という感じでもないので、消耗も少ないのではないかと考えられます。


<実戦的な術> 
☆☆☆ 3.0

 「着地」までの粘りがなく、打者としては合わせやすいフォーム。さらに身体の「開き」も早く、球筋がいち早く読まれやすいのが気になります。こうなるとコースを突いた球でも、打ち返されてしまう危険性があります。

 腕は適度に振れているので、速球と変化球の見極めは問題なさそう。ボールにしっかり体重が乗せられてから投げているので、打者の手元まで球威と勢いのある球は投げられています。


(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「着地」と「開き」に課題を抱えていて、「球持ち」は良いところ。
足の甲の押し付けが浮いていてボールが浮きやすいものの、故障のし難いフォームなのは好感。将来的には、カーブやフォークなどいろいろな球が使える可能性があります。しかしながら「着地」の粘りの無さから、どれも中途半端な曲がりに留まってしまう危険性があります。



(最後に)

 まだまだ発展途上という感じで、けして完成された投手という感じではありません。それだけ一冬越えた成長次第ですが、馬力はある選手だけに楽しみなのは間違いありません。

 ドラフト候補という感じになっているのか、アマタイプの速球派になるのかはその成長を観ないことにはなんとも言えないでしょう。春季大会以降の評判を、ぜひ気にしてみたい一人です。昨夏甲子園で見た下級生投手の中では、1番の選手でした。



(2016年夏 甲子園)