17kp-3


 




山口 翔(熊本工業3年)投手の最終寸評へ








山口 翔(熊本工業3年)投手の選抜寸評へ








山口 翔(熊本工2年)投手 180/70 右/右 
 




                   「選抜では注目集めるはず」





 選抜出場が有力な熊本工業に、楽しみな投手がいる。その男の名前は、山口 翔 。春・夏甲子園に出場した秀岳館相手に、ストレートで真っ向勝負を挑んだ速球派。秋には九州大会で、チームを準決勝まで導いた。その球速は、すでに149キロに到達したという。


(ここに注目!)

 右打者内角への速球が、ナチュラルシュートするのか? 食い込んで来るクセ球。そのため打者にとっては、恐怖感を植え付けられるボールになっている。この球には、全国屈指の猛者だった秀岳館の打者達もたじろいた。

(投球内容)

かなり肘の下がった、スリークォーターから投げ込んできます。

ストレート 130キロ台後半~140キロ台中盤 
☆☆☆★ 3.5

 夏の大会での球速表示を観ている限り、常時130キロ台後半~MAXで140キロ台中盤ぐらい。しかしキレのあるボールの勢いはそれ以上に感じさせる球質で、投球の多くが速球で構成されている。その速球は、逆クロスのボールが高めに抜けて来る傾向にある。それゆえコントロールはアバウトなものの、右打者にとっては当たりそうな怖さを抱くことになるのだろう。現にそれを活かして、右打者のインハイを厳しく突く場面も多かった。

変化球 スライダー・チェンジアップ 
☆☆ 2.0

 投球の8割は速球という感じで、たまにカットボールのような高速で小さく変化するスライダー。それにチェンジアップ系の、少し沈む球を投げて来る。それほど変化球の威力・精度は高くなく、まだまだ発展途上といった印象。そのため要所では、力を入れたストレートで勝負して来ることが多い。

その他

 ランナーを背負っても牽制はほとんど見られないが、クィックは1.05~1.10秒ぐらいと素早く、フィールディングの動きも悪くない。

 パッとランナーを背負うとマウンドを外したりするところに、投手としてのセンスを感じさせる。

(投球のまとめ)

 まだ細かいことができるコントロール、変化球、投球術は持ち合わせていない。あくまでもストライクゾーンの枠の中に、威力のある球を、ガンガン投げ込んでくるというスタイル。


(投球フォーム)

<広がる可能性> 
☆☆★ 2.5

 体重を落とす時に、前に倒れ気味に落としてくる。そのためお尻はバッテリーライン上に残り、身体を捻り出すスペースは充分確保できていない。すなわちカーブで緩急をつけたり、フォークのような縦に鋭く落ちる球種には適さないし、腕の振りも縦振りでないので厳しい。

 「着地」までの粘りも平均的で、身体を捻り出す時間も並。そのためキレがあったり、曲がりの大きな変化球の習得は厳しいかもしれない。カットボール・ツーシーム・スプリットなど、球速のある小さな変化を中心にピッチングを広げてゆくことになりそう。

<ボールの支配> 
☆☆★ 2.5

 グラブは最後まで内に抱えられているので、両サイドの投げ分けは悪くない。しかし足の甲の押し付けは浅く、力を入れて投げるとボールが上吊りやすい。何より腕が身体から遠回りに軌道するので、軸がブレやすい。またボールをしっかり押し込んでリリースできないので、常に球が抜けがちになるということ。この辺が、細かいコントロールをつけられない要因になっている。

<故障のリスク> 
☆☆☆★ 3.5

 お尻は落とせないフォームだが、カーブやフォークといった球種は使って来ないので、肘への負担は少なそう。腕の送り出しにも無理がないので、肩への負担は大きくはないのではないのだろうか。

<実戦的な術> 
☆☆★ 2.5

 「着地」までの粘りは並で、打者としては合わせやすいわけでも合わせ難いわけでもない。しかしながら身体の「開き」は早いので、いち早く球筋が読まれやすく、コースに行った球でも打ち返される危険性はある。

 腕の振りは素晴らしく、速球と変化球の見極めは困難。ボールへの体重乗せ自体は悪くないものの、腕の振りが横ぶりでボールをしっかり押し込んでリリースできず、常に抜けた球になってしまう。できれば肘を立てて、しっかり腕を振りたい。

(フォームのまとめ)

 投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、特に「開き」とに大きな課題を抱えている。また肘を立ててリリースできないので、ボールが抜けてしまうことになる。

 故障のリスクはそれほど高くないが、グラブは抱えていてもコントロールはどうしてもアバウトに。お尻が落とせないこともあり、球速のある変化中心のピッチングになってしまう。


(最後に)

 スピード能力・ボールの威力は一級品で、ひと冬越えて150キロ級になっていても不思議ではないだろう。ただしスケールで魅了するとか、そういったタイプの速球派ではない。フォームは違うが、タイプ的には 小野 郁(西日本短大付-楽天2位)みたいな投手になるかもしれない。

 将来的に実戦的な投手になれるのか? ピッチングの幅を広げられるようになれるかは微妙だが、選抜でも3本の指に入る注目投手になるのは間違い無さそうだ。吉報が入ることを、今から楽しみにしている。


(2016年夏 熊本大会)