17kp-2


 




金久保 優斗(東海大市原望洋3年)投手の最終寸評へ







金久保 優斗(東海大市原望洋3年)投手の選抜寸評へ







金久保 優斗(東海大市原望洋2年)投手 180/72 右/左 
 




                      「南関東NO.1投手」





 秋までの勢力図で言えば、北関東NO.1投手は、先日ご紹介した 石川 翔(青藍泰斗)。そして南関東NO.1は、この 金久保 優斗 だと言えよう。秋の関東大会でもチームを準優勝に導き、選抜出場をほぼ手中に収めたと言える。


(ここに注目!)

 ボールの勢いだけでなく、空振りも誘える速球は見るからに速い。また先輩の 島 孝明(ロッテ3位指名)投手がコントロールに不安があったのに比べると、この金久保はスライダーでカウントを整えられるので、そういった危うさもないところが魅力だろうか。

(投球内容)

 かなり腕を下げたスリークォータで、投げ終わったあとミットが後ろに流れるので投げやりなフォームに見えてしまう。

ストレート常時140~MAX147キロ 
☆☆☆☆ 4.0

 島が好投手タイプからパワーアップしたのに比べると、金久保も骨太で速い球を投げるべくして投げている印象がある。ミットにズバーンと収まる勢いと威力があるだけでなく、打者からも空振りを誘える代物。しかしストレートに関しては、結構バラついて細かいコントロールがあるわけではない。あくまでも、打者の外角クロス中心に集まってくる感じだろうか。

変化球 スライダー、フォーク、カーブなど 
☆☆☆ 3.0

 曲がりは小さいが、打者の手元でキュッと曲がるスライダーでストライクが取れる。速球が暴れるのに対し、このスライダーの精度が高いので、秋も関東大会で準優勝するまで昇りつめられたと考えられる。時々何やら縦の変化球も投げ、これがフォークとのこと。更にゆるいカーブなどもあるようだが、基本は速球とスライダーの投手と観て良いだろう。しかしスライダーには、打者の空振りを誘うほどの威力はない。

その他

 牽制は、「間」を入れたりする感じで軽く投げるのみ。走者を刺してやろうといった、鋭いものは観られなかった。フィールディングも、さほど上手いという感じはしない。クィックも1.15~1.25秒ぐらいと平均的で、投球以外の部分はまだまだ勉強が必要だろう。

(投球のまとめ)

 右打者の外角、左打者内角クロスへの球筋を得意としている。それでも速球は結構バラつくので、ここぞの時のコマンドはイマイチ。そのぶん確実にカウントを稼げるスライダーがあり、不利な状況を作らないようにしている。

 何か微妙な駆け引きができるとか、コースを突けるとかそういった細かいことはまだできない。このまま順調にパワーアップして行ければ、選抜では150キロ台の王台に達しても不思議ではない可能性は秘めている。実戦的なところを磨いて来るのか、ポテンシャルを高めて来るのか、その両方を成し遂げられるのか注目したい。


(投球フォーム)

今度は投球フォームの観点から、その将来像を考えてみた。

<広がる可能性> 
☆☆☆ 3.0

 お尻は適度に一塁側に落とすことができているので、身体を捻り出すスペースは確保。カーブで緩急をつけたり、フォークのような縦に落ちる球を投げるのには無理は感じない。腕が下がっている割には、リリース時には肘が立って投げられている。

 「着地」までの粘りは平均的で、身体を捻り出す時間は並ぐらい。そういった意味では、カーブやフォークなども交えて投球の幅が広げられそう。しかしスリークォーター気味な腕の振りをみていると、スライダー・チェンジアップ系のと投手に見えてしまう。そのせいもあるのか? 変化球のキレ・曲がり幅に特別ものは感じない。

<ボールの支配> 
☆☆☆ 3.5

 グラブは抱えられているものの、後ろに解けてしまって上半身の外に逃げようとする力を内に留めきれていない。そのため両サイドの投げ分けを中心に、制球が乱れやすい。ただし足の甲ではしっかり地面を捉えているので、ボールが高めに抜ける機会はそれほど多くない。「球持ち」も前で放せているので、ある程度コントロールを制御できているのかもしれない。もう少し腕を、縦振りにできれば投球内容も変わってきそう。

<故障のリスク> 
☆☆☆☆ 4.0

 お尻は落とせるフォームなので、カーブやフォークを投げても肘への負担は少なめ。腕の送り出しにも無理がないので、肩にかかる負担は少ないのでは? 腕の振りは強いが、それほど消耗が激しいタイプにも見えない。そういった意味では、故障のリスクは少ないのではないのだろうか。

<実戦的な術> 
☆☆☆★ 3.5

 「着地」までの粘りはそこそこで、特別合わせやすいわけでも合わせ難いわけでもないだろう。身体の「開き」も並なので、甘く入らなければという感じか。

 素晴らしいのは、腕の振りの強さにある。この点は、現時点で相当際立っており、強い球を投げる原動力になっている。この勢いがあるので、打者としては変化球でも空振ってしまう。「球持ち」がよく、ボールにある程度体重を乗せてからリリースできており、打者の手元までの勢い、球威には素晴らしいものがある。

(フォームのまとめ)

 投球フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「球持ち」に優れていて、あとの部分は平均的。この辺がもう少し粘れるようになると、投球にも嫌らしさが出てきそう。

 グラブの抱えが甘く制球が球筋がバラつくが、故障のリスクは少なそう。腕の振りがやや下がっているので、スライダー・チェンジアップ系投手になりやすく、今後緩急や落差という部分でいかに特徴を出して行けるのか注目したい。できればもう
少し、上から腕を振れるようにしたいのだが。腰が横回転なのが、影響しているのかもしれない。


(最後に)

 選抜に出場すれば、大会を代表する投手として注目を集めるだろう。コンスタントに140キロ台中盤~後半を連発し、適度に試合をまとめる能力を示す可能性は高そうだ。

 ドラフトでも中位指名以上が期待できる素材であり、先輩の 島 孝明 よりも、更にワンランク上の評価・全国的な活躍が期待できる。一冬越えた成長を、期待せずにはいられない。



(2016年夏 千葉大会)