17kp-17


 




西垣 雅矢(早稲田大4年)投手の最終寸評へ







西垣 雅矢(早稲田大4年)投手の春季寸評へ








 西垣 雅矢(報徳学園3年)投手 183/70 右/左
 




 「兵庫らしいハイセンス」





 兵庫県の逸材らしく、凄みはないが筋の良さが滲み出るハイセンスの逸材、それがこの 西垣 雅矢 。高校からプロという雰囲気はあまりしないが、大学経由でゆけば将来上位候補に育っても不思議ではない可能性を秘めている。


(投球内容)

 今時珍しくワインドアップで振りかぶり、足をスッと高い位置で引き上げる足の使い方。

ストレート 130キロ台後半~MAX141キロ 
☆☆☆ 3.0

 球速自体は、常時130キロ台中盤~140キロ強ぐらいと、ドラフト指名を意識する右投手としては、やや物足りない球威・球速。しかし両サイドにしっかり投げ分けられるコマンドの高さを持っており、意識的に内角の厳しいところを突くことができる。夏までにストレートの球威・球速がワンランク上がってくると、いよいよ高校からのドラフト指名も意識できるのではないのだろうか。

変化球 スライダー・カーブ・フォークなど 
☆☆☆☆ 4.0

 曲がりながら沈むスライダーを、右打者の外角低めに集められる。左打者にも同様のゾーンに内角膝下に集められる精度の高さを持つ。特に右打者のストライクゾーン~ボールゾーンに逃げてゆく、絶妙なところに意識的に集められる技術は素晴らしい。また更に緩いカーブでカウントを整えたり、追い込んでからはかなりの精度でフォークを落とすことができている。発展途上のストレートに比べると、変化球の活かし方はかなり大人びている。

その他

 牽制やフィールディングはよくわからなかったが、クィックは、1.05~1.10秒ぐらいとかなり素早い。ただしセットになると、より球威・球速が落ちるだけでなく、ややコントロールの乱れがみられる。

(投球のまとめ)

 変化球の曲がりや活かし方もよく、あとは投球の核となるストレートに磨きがかかるかにかかっている。この部分が、なかなか変わらない投手が多いだけに、そこが変わるか見極めてからでもプロ入りは遅くないだろう。それが、選抜~夏までの間に変わるのか? 大学などでの4年間で備わってくるのか? それとも変わらずに、今後も変わらず行ってしまうのか? 別の言い方をすれば、ストレートが弱いままであるならばプロで活躍するのは厳しいのではないのだろうか。





(投球フォーム)

今度は、フォームの観点から考えてみたい。

<広がる可能性> 
☆☆★ 2.5

 重心を落とし始めるときに前に倒れ込む感じに落としてくるので、お尻がバッテリーライン上に残ってしまう。すなわち身体を捻り出すスペースは確保できず、カーブやフォークといった捻り出して投げる球種には適さない。

 「着地」までの粘りは平均的で、身体を捻り出す時間も並。ボールの活かし方は上手いが、変化球のキレ・曲がり幅はそれほどプロレベルでは図抜けていない。今のままだと変化球は当てられてしまい、決め手に欠ける投手になってしまう危険性は残る。

<ボールの支配> 
☆☆☆★ 3.5

 グラブは最後まで内に抱えられており、両サイドの投げ分けは安定。しかし足の甲を地面に押し付けるのが遅く、それほどボールが低めに集まり難いフォームではある。しかしそれを「球持ち」良さで、うまく制御できているのかもしれない。

<故障のリスク> 
☆☆☆ 3.0

 お尻が落とせないフォームの割に、カーブやフォークを結構使って来るので、肘への負担は少くなくないだろう。どうしてもお尻が落とせない投手は、身体を捻り出して投げるカーブやフォークを投げるときに窮屈になって負担がかかってしまうのだ。

 それでも腕の送り出しには無理はなく、肩への負担は少なめ。元来それほど力投派ではないので、疲労も貯め難いフォームではないのだろうか。

<実戦的な術> 
☆☆☆ 3.0

 「着地」までの粘りは並で、けして苦になるフォームではないだろう。また少し「開き」が早いフォームなので、コースを突いた球でも打ち返される危険性がある。

 腕はしっかり振れているので、速球と変化球の見極めはつき難い。「球持ち」はまずまずで、体重をある程度乗せてからリリースできている。これがもっと良くなると、更にグッと打者の手元まで生きた球が行きそうだ。

(フォームのまとめ)

 投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「着地」「開き」などにまだ改善の余地がある。コントロールを司る動作は、足の甲の押しつけが遅いものの悲観するほど高めに集まらない。お尻が落とせない割にカーブやフォークを投げることでの肘への負担と、将来的に武器になるほどの変化球が習得できるのかは微妙といったところだろうか。


(最後に)

 コントロールもよく、マウンド捌きにも優れ変化球の活かしたが上手い。それだけに、投球の核であるストレートが夏までにワンランク引き上げられるかどうかが、指名への分かれ目だと思っている。そういった意味では、夏まで追いかけてみたい選手、そんな気にはさせてくれる。ただし常識的な範疇でいえば、大学進学が基本線ではないのだろうか。それは、凄みよりもセンス型のタイプだから。高校からプロに入る選手は、上手い選手より凄いタイプが指名される傾向だからだ。


蔵の評価:
追跡級!


(2017年 選抜)