17dy-6


 




北村 拓己(亜細亜大4年)内野手の最終寸評へ







 北村 拓己(亜大3年)三塁 181/87 右/右 (星稜出身)





                     「兄とは少しタイプが違う」





 同じくドラフト候補にあがる兄・祥治(トヨタ自動車)内野手が、どんなことでもソツなくこなせる融通性のあるプレーヤーならば、弟の 拓己 の方は、自分のやれることをきっちりとやるタイプという感じで、より凝縮された選手との印象を受ける。そのため弟の方が、より強打者的な傾向が強いように感じる。


(守備・走塁面)

 一塁までの到達タイムは、右打席から4.5秒台。これを左打者に換算しても、4.25秒前後と平均的。大学3年生になって、春・秋のリーグ戦で3盗塁ずつを記録。そういった意味では、走力は中~中の上レベルはあるのかもしれない。

 高校時代はスケールの大きな遊撃手ではあったが、守備範囲などが限られていてショートとしては重苦しい。しかしサードとしては安定していて、実に落ち着いたプレーをする。また肩も強く、三塁手としては基準以上の選手だと言えよう。





(打撃内容)

 けしてオーバーフェンスを連発するような長距離打者ではありません。しかしパンチ力があり、リーグ戦でも3年春は.344厘(6位)、秋は.409厘(2位)と対応力を兼ね備えているところは魅力。実戦に即した打撃ができるのが、魅力ではないのでしょうか。

<構え> 
☆☆☆★ 3.5

 前の足を軽く引いて、グリップの高さは平均的。腰の据わり具合、両眼で前を見据える姿勢、全体のバランスとしてはオーソドックス。しかし亜大の選手らしく、精神的に強さが感じられ、そういった部分での余裕・落ち着きみたいな雰囲気を醸し出しています。

<仕掛け> 平均的

 投手の重心が沈みきったあたりで動き出す、「平均的な仕掛け」を採用。ある程度の確実性と長打力をバランスよく兼ね備えた、中距離、ポイントゲッターに多く観られる仕掛けです。まさに、彼のプレースタイルにも合致しているのではないのでしょうか。

<足の運び> 
☆☆☆☆ 4.0

 足を引き上げ回し込み、真っ直ぐ踏み出してきます。始動~着地までの「間」はそこそこで、速球でも変化球でもスピードの変化にはそれなりに対応。真っ直ぐ踏み出すように、内角でも外角でも幅広く対応する万能型。

 踏み出した足元も、インパクトの際にブレません。そのため逃げてゆく球や低めの球に対しても、開きを我慢して食いついてゆくことができます。

<リストワーク> 
☆☆☆ 3.0

 打撃の準備である「トップ」を作るのは自然体で、力みもなく特に問題はありません。バットの振り出しは少し遠回りに軌道するのは気になりますが、それでもインパクトの際にはバットの先端であるヘッドは下がらず打ち損じは少ないスイングではないのでしょうか。スイングの弧が大きいとか、フォロースルーを利かせているというよりも、最後まできっちり振り抜くことで鋭い打球を生み出します。

<軸> 
☆☆☆★ 3.5

 足の上げ下げはそれなりで、目線の上下動は平均的。身体の開きはしっかり我慢できているものの、軸足は少し後ろにズラしてスイングしています。これは、ステップの幅が狭くスイングするために適正な位置に修正してスイングしているわけで、ある意味無駄な動きとも言えます。本当ならば、踏み込んだ時点でバランスの取れている方が私は理想だと考えます。

(打撃のまとめ)

 コンタクト能力も悪くないですし、打つだけならば兄以上の資質があるといえるでしょう。技術的には、もう少しバットが上から出るのと、ステップを若干広げた方がバランスの取れたスイングできるような気がします。しかしそれは、本人の感覚的な部分もあるので、絶対にそのほうがイイとは言いきれませんが。


(最後に)

 プロのサードとなると、ちょっとスケール不足を感じます。できれば強打の二塁手ぐらいの付加価値が出てくると、右打者だけに面白い存在になれるかと。個人的には良い選手なのだけれども、何かプロ混ぜた時に明確な売りがないところが気になります。その辺をどうアピールして行けるのかが、プロ入りへの別れ目ではないのでしょうか。


(2016年 大学選手権)