17dp-7


 




鍬原 拓也(中央大4年)投手の最終寸評へ







鍬原 拓也(中央大4年)投手の春季寸評へ








 鍬原 拓也(中央大3年)投手 175/70 右/右 (北陸出身)
 




                    「ボールの威力は東都随一」





 逸材きらめく東都リーグの中でも、現在球威・球速という意味ではNO.1なのが、この 鍬原 拓也(中央大)投手。これまでは、リリーフ中心に起用されてきたが、3年秋は先発で初の規定投球回数に達した。


(投球内容)

 中背の体格から、グイグイと力で押してくるパワーピッチ。

ストレート 常時145キロ前後~150キロ強 
☆☆☆☆ 4.0

 圧倒的な球速が持ち味で、好調時には150キロを越えてくる。ボールの勢い・球速はプロに混ぜても上位レベルであるものの、それほど苦にならないフォームなのと、ボール全体が高いのが気になります。そのため被安打率、球速の割には低くない傾向にあります。

変化球 スライダー、カットボール、フォークなど 
☆☆☆★ 3.5

 スライダーは身体の近くでキュッと曲がるハードなもので、またフォークだかシンカーでも空振りを誘えるなど、変化球のキレ・威力も悪くありません。何よりストレートに勢いがあるので、その後に変化球を魅せられると打者としては対応仕切れない部分があります。

(投球のまとめ)

 中背のパワー型なので、先発にしてしまうと、コントロールのアバウトさや底の浅さを露呈してしまう部分が。やはりこの投手は、リリーフでエネルギーをぶつける方が持ち味が発揮できるのではないのでしょうか。

 しかし最終学年になったということで、先発を任される可能性が高い。その中で、どのぐらいに期待に応えられるかがポイントでしょう。プロのリリーフで活躍するような投手でも、アマレベルならばある程度先発でも通用する投球術、配球・コントロールがないと苦しいというのが現実なので。



(成績から考える)

 これまでの通算成績から、この投手の傾向を考えてみましょう。

28試合 5勝8敗 78回1/3 73安 40四死 76振 防御率 3.79

1,被安打はイニングの80%以下 ☓

 被安打率は、93.2% 。東都ということで、ファクターを80%に引き上げておいたが、それでもかなり開きがある。この辺の一辺倒なところは、どうしても改善して行かないとプロでも苦しむことになりそう。3年春のように、15イニングで9安打(60.0%)ぐらいに圧倒できないと厳しいだろうということ。

2,四死球は、イニングの1/3以下 ☓

 四死球率も50.9% と相当悪い。ただし3年秋の先発時には、44.2% と若干数字はよくなっている。ただしまだまだ、イニングの1/3以下には程遠い数字であるのには違いない。

3、三振は1イニングあたり0.9個以上 ◯

 奪三振は、1イニングあたり0.97個と、ほぼイニングと同数程度奪えている。そういった意味では、ボールの威力に優れていて決め手があることを示している。

4,防御率は1点台以内 ☓

 通算の防御率は、3.79 。これは、ドラフト候補としてはかなり悪い数字。例えば先発での数字が悪いだけならば、まだリリーフでの可能性も模索できるが、リリーフでも悪いシーズンが少くない。

(成績からわかること)

 この数字からも、奪三振の多さからもボールの威力で勝っていることは明らか。それだからといって、リリーフでも抑えこめているのかと言われると疑問が残る。150キロの速球だけで押し切れるのであればそれでも良いのだが、そこまで絶対的なものではないことが、数字が物語っている。そうなると、フォームなり配球など工夫してゆかないと厳しいだろうということ。


(最後に)

 短いイニングでエネルギーを爆発させた時のボールには見ごたえがあるが、それだからといってそれだけで抑えられるわけではないということ。ある意味イメージとしては、中央の先輩である 澤村 拓一(巨人)を更にスケールを落とした感じの投球。

 何か投球に工夫が見られるかが、今シーズンのチェックポイント なのではないのだろうか? 今の感じだと、下指名での指名があるかどうかという感じの選手になる。


(2016年 リーグ戦)