17dp-2


 




宮台 康平(東京大4年)投手の最終寸評へ







宮台 康平(東京大4年)投手の春季寸評へ








 宮台 康平(東京大3年)投手 178/83 左/左 (湘南出身)
 




                   「笠原祥太郎ぐらいの力量だよなぁ」





 東大からのドラフト候補として話題になっている 宮台 康平 投手。確かに素材としての魅力は感じられるものの、まだまだプロの即戦力としては心許ない。そういった意味では、昨年の 笠原 祥太郎(新潟医療大-中日4位)ぐらいの位置づけではないかと思うのだが ・・・ 。

(ここに注目!)

 東大という色眼鏡なしに見ても、間違いなく大学からプロに入るべき力量の持ち主。面白いのは、左投手ながら左打者内角に小さく食い込むチェンジアップを良く使って来るということ。この配球は珍しく、左打者にとっては相当厄介なのではないのだろうか。

(投球内容)

非常にフォームもコンパクトにまとめられており、キレイな投げ方をしているように感じます。

ストレート 常時140~140キロ台後半 
☆☆☆ 3.0

 球威よりキレで勝負するタイプで、球速表示以上にボールが来ている感覚に陥ります。そのため、打者の空振りも誘えるのでしょう。ただし球威がないので、高めに甘く浮いて捉えられると簡単に打ち返されることがあります。またストレートのコマンドがそれほど高くないので、投げミスも少なくありません。そのため短いイニングで勢いが良い時はいいのですが、先発だとまだまだ物足りないものを感じます。プロの打者相手だと、145キロぐ以上出しているときじゃないと容易に捉えられてしまうのではないかと。

変化球 チェンジアップ・スライダー・カーブなど 
☆☆☆★ 3.5

 スライダーの精度が低く、投球はチェンジアップ中心に組み立てられています。右打者外角に小さく逃げるチェンジアップ、左打者内角に厳しく食い込ませるなど、この球のコマンドはかなり高いといえます。カーブもたまに投げますが、それほど投球において大きなウエートは占めていません。また何やら意識的に、縦に落とすフォークのような球種も試しているように感じます。こちらもまだ、精度は高くありません。

その他

 牽制自体は、左腕らしく見極めの難しく上手いです。クィックがみられず、実際できるのかは怪しい気がしますがどうでしょうか? 今年のチェックポイントになります。フィールディングの動き自体は非常に良いのですが、一塁への送球を乱すことがあり、少しイップス気味なのではないかと心配になります。この辺も、今年見極めてゆきたいポイントでしょうか。

(投球のまとめ)

 右打者にも左打者にも、小さくシュートするツーシーム的なチェンジアップが非常に効果的です。ストレートのキレ・球速はありますが、コマンド・球威の点で不満が残ります。特に先発時にキャパを落とさないといけない時、連投などで疲労が溜まると、球威がないぶん誤魔化しがききません。

 投球術、マウンド捌きなどは、そこそこという感じですが。プロではまず、左の中継ぎからという感じで観てゆくべき選手ではないかと。現時点では、即戦力としてはまだ物足りないという印象が残ります。少なくても、ドラフト上位というのは荷が重いのではないのでしょうか。


(投球フォーム)

今度はフォームの観点から、将来について考えてみましょう。

<広がる可能性> 
☆☆★ 2.5

 お尻が三塁側(左投手なので)に、しっかり落ちているという感じではありません。やや甘い部分は残るものの、カーブやフォークといった球種を投げるのに、窮屈というほど酷くはないかと。

 「着地」までの粘りがさほどないので、身体を捻り出す時間が物足りないかと。そのため手元での鋭さや曲がり幅の大きな変化球を望むのはちょっと厳しい投げ方に感じます。

<ボールの支配> 
☆☆☆ 3.0

 グラブは最後まで内に抱えられており、両サイドの投げ分けはソコソコ安定。足の甲の地面への押しつけは少し甘いのですが、ボールはそれほど高めに抜けません。「球持ち」は並み程度であり、細かいコントロールはあまりついていないのが現状でしょうか。

<故障のリスク> 
☆☆☆★ 3.5

 お尻の落としに甘さは残るものの、窮屈さはさほど感じません。そういった意味では、カーブで緩急をつけたり、フォークのような身体を捻り出して投げる球種でも、それほど多投しなければ問題ないのではないのでしょうか。

 腕の送り出しを観ても、無理は感じません。それほど普段は力投派でもないので、消耗も激しいタイプではないのでしょう。ただし東大は、あまりに宮台に依存しすぎています。そういった意味では、けして頑強とはいえない彼の身体を観ていると心配になります。3年時には、明らかに故障がちでパフォーマンスが低下していたのも気になります。

<実戦的な術> 
☆☆☆ 3.0

 「着地」までの粘りがさほどないので、打者としてはそれほど苦にならないフォーム。それでも「開き」は抑えられており、甘く入らなければ大丈夫なのではという気がします。

 振り下ろした腕は身体に絡み、速球と変化球の見極めはつき難い。またボールへの体重の乗せは、まだ充分乗せきれているは言えず、打者の手元までの球威に欠けます。現状は、上半身や腕の振りの鋭さでキレを生み出すタイプ。疲労が溜まると、球威がない分、いっきにパフォーマンスが低下しやすいタイプかと。

(フォームのまとめ)

 投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「着地」と「体重移動」に課題があり、下半身の使い方に改善の余地があるのがわかります。「球持ち」と「開き」も充分というほどではないので、今後さらによくなる可能性は秘めています。

 コントロールを司る動作・故障のリスクは並ぐらい、今後投球の幅を広げられるかという意味では、微妙な位置づけかと思います。けして肉体的に技術的にも未完成な選手ではあるのですが、ポテンシャルが高いか低いかと言われると、けして高い方ではないと思います。


(最後に)

 左腕だからとか東大だからだとか、執拗に評価が上がりそうなのは怖いです。現状は即戦力というよりも、1,2年ファームでという素材であり、順位的には中位級ぐらいの位置づけではないかと。しかしこれも、最終学年での内容次第で、上位候補にも下位候補にも変わる可能性を秘めています。評価が下がるような一年を送った場合、社会人を選択するかもしれませんね。この辺は、冷静に見極めてゆきたい選手でした。


(2016年 秋季リーグ戦)