17dp-19


 




宮川 哲(23歳・東芝)の 本当に凄いやつ へ






宮川 哲(上武大4年)投手 178/78 右/右 (東海大山形出身) 
 




                     「掴みどころがない」





ストレートは荒れ球で、変化球も多彩。なかなか打者としては、的を絞り難い投手ではないかと思われる 宮川 哲 。 観ているこちらとしても、イマイチ評価付けをどうしたら良いか悩んでしまう投手なのだ。


(投球内容)

 ゲームメイクして投球を組み立てて来るというよりは、全身を使って投げ込んで来る力投派。それでも今春のリーグ戦では、防御率 0.65 の安定感で最優秀防御率に。更に最多勝・ベストナインを獲得し、名実ともに 上武大のエースへと成長した。

ストレート 
☆☆☆★ 3.5

 今年の大学選手権では、コンスタントに145キロ前後を記録。ボールそのものの勢いは確かで、MAXでは147キロまで到達。容易には、捉えることは難しい。その一方で、荒れ球でバラツキは顕著。高めに抜けてしまうことも多く、ボールをじっくりとみられると苦しい部分はある。

変化球 カットボール・カーブ・スライダー・フォークなど 
☆☆☆★ 3.5

 小さく横にズレる130キロ台のカットボール、それに曲がりながら落ちるスライダー、更に緩いカーブがある。他にも120キロぐらいに縦のスライダのように割れる球や、130キロ台で落ちるフォークなどもある。球種は多彩であり、この球でカウントを整えたり、空振りを誘うこともできる。ストレートが暴れる分、変化球のコマンドは悪くない。

その他

 牽制も鋭く、クィックも1.05~1.10秒とまずまず。フィールディングも上手く、投球以外の部分もしっかり鍛えられている。

(投球のまとめ)

 今までは掴みどころのない投手という印象が強かったが、だいぶストレートに存在感がでてきて、将来の輪郭が見えてきた。勢いのある真っ直ぐを魅せつつ、多彩な変化球で相手を仕留めてくる。まだまだ長いイニングではどうかという疑問は持つが、短いイニングで攻略するのは難しい。

(投球フォーム)

どうしても掴みきれない部分がまだあるので、フォームを分析して考えてみたい。

<広がる可能性> 
☆☆☆★ 3.5

 比較的高い位置で足が伸ばされるので、お尻の一塁側への落としは甘さが残る。それでも途中から徐々に一塁側に落とすことができており、カーブで緩急をつけたりフォークのような縦の変化を投げるのには無理は感じない。

 「着地」までもスルリと前に足を逃がせており、「着地」までのタイミングは早すぎることはない。こうなると身体を捻り出す時間も確保でき、多彩な球種で相手を翻弄していることもうなずける。


<ボールの支配> 
☆☆★ 2.5

 グラブは最後後ろに解けがちで、それほど身体の近くに最後まであるわけではない。そのため両サイドの投げ分けも、不安定になりやすい。さらに足の甲での地面の押しつけは、完全に地面から浮いてしまっている。それではどうしても、力を入れて投げるとボールが浮きやすい。「球持ち」自体は悪くないので、その辺でボールをなんとか制御できているようだ。

<故障のリスク> 
☆☆★ 2.5

 お尻の落としに甘さは残すものの、カーブやフォークを投げてても悲観するほどではないだろう。むしろ腕の送り出しに多少無理を感じるので、負担がかかるとすれば肩の方ではないのだろうか。また常に力んで投げる力投派のため、消耗は激しそうおなフォーム。そういった疲労溜めることで、フォームを崩したり故障を起こしやすい可能性はある。

<実戦的な術> 
☆☆☆ 3.0

 「着地」までの粘りは悪くないので、打者としては合わせやすいということはないだろう。それでも身体の「開き」は早いので、良いところに投げても打ち返される危険性や、変化球を早く見切られてしまう危険性は残る。

 腕は強く振れており、打者も思わず振ってしまうような勢いがある。ボールへの体重の乗せはそれなりで、もっと下半身が上手く支えようようになると、更に球威のある球が打者の手元までゆくようになるだろう。

(フォームのまとめ)

 投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」においては、「開き」に課題を抱えている。その一方で「球持ち」はよく、前でボール放せている。

 コントロールを司る動作に不安があり、故障のリスクもけして少ないとはいえない。そういったリスキーな部分は、どうしてもつきまとってしまうのではないのだろうか。



(最後に)

 掴みどころのない投球は相変わらずではあるが、なんとなく投手としての輪郭は見え始めた。プロではまずは短いイニングからということになると思うが、上手くハマると速球も変化球にも威力があるだけに面白いかもしれない。高い評価はできないが、今の力ならば志望届けを提出すれば、本会議中で指名されることになりそうだ。意外な掘り出しものに、なれるかもしれない。


蔵の評価:
(下位指名級)


(2017年 大学選手権)