16kp-32


 




伊藤 翔(18歳・徳島ID)投手の個別寸評へ







伊藤 翔(横芝敬愛3年)投手 173/65 右/右 
 




                    「もう少し大きければ・・・」





 175センチを割るような体格の右腕が、高校からドラフト指名されるケースは極めて少ない。そんななか身長があと5センチぐらい大きければと残念に思うのが、この 伊藤 翔 。MAX147キロを誇る速球派で、コンスタントに140キロを越して来る。


(ここに注目!)

 ズシッとミットに収まる勢いのある速球だけでなく、ブレーキの効いたスライダー、しっかりカウントが整えられるカーブ、更にチェンジアップのような沈む球も併せ持つ。けして、ただ速いだけの投手ではないところに注目して頂きたい。

(投球内容)

ストレート 常時140キロ前後~中盤 
☆☆☆★ 3.5

 ズシッと勢いを感じさせるストレートは本物で、MAX147キロの評判に偽りのない球を投げ込んでくる。ボールの質自体は良いのですが、基本的にストライクゾーンの枠の中の投げ込んで来るだけで、細かいコントロールがありません。また速球全体の球筋が高く、ボールをしっかり上から叩ける選手ならば打ち返すことができます。しかし力を入れた時のボールは、145キロ前後でてそうな勢いがあり、こういう球はなかなか高校生ではじき返すのは難しいのではないのでしょうか。

変化球 スライダー・カーブ・チェンジアップなど 
☆☆☆★ 3.5

 ブレーキの効いたスライダーに威力があり、カーブでもしっかりカウントが奪うことができる。更にチェンジアップも効果的で、打者のタイミングを外すことに成功。けして速球派でありながら、各変化球のレベルが低くないことも、この選手の強味ではないのでしょうか。

その他

 クィックは、1.1~1.2秒ぐらいと平均的で、牽制も鋭く走者にとっては厄介。野球センスも悪くないし、運動神経に優れた選手ではないかと考えられます。

(投球のまとめ)

 ボールの勢いは確かなものの、速球が高めにほとんど集まり、この球を打ち返されることが少なくありません。逆に変化球は低めに集まり、それぞれの球が威力を発揮するので被安打は圧倒的に速球の方が多そう。

 もう少し自慢の速球を活かす術と低めに集められるようになると、より変化球も速球も活かせるようになるだろう。それが、プロに行く上での大きな宿題となりそう。



(投球フォーム)

 今度は、投球フォームから彼の可能性を考えてみたい。

<広がる可能性> 
☆☆★ 2.5

 引き上げた足は地面に向け伸びており、お尻はあまり一塁側に落ちません。すなわち身体を捻り出すスペースが充分確保できておらず、身体を捻り出して投げるカーブで緩急をつけたり、フォークのような縦に鋭く落ちる球種には適しません。

 「着地」までの粘りも平均的、身体を捻り出す時間も平凡。そういった意味では、武器になる変化球を修得できるのかには疑問が残ります。しかし実際の投球においては、鋭いスライダーや効果的なチェンジアップも使えており、それほど悲観しなくても良さそう。


<ボールの支配> 
☆☆☆ 3.0

 グラブは最後まで身体の近くで抱えられており、両サイドの投げ分けは安定しやすい。しかし足の甲での地面への押し付けは浮いてしまい、ボールが上吊りやすいのが最大の欠点。ここを、今後いかに改善して行けるか。

<故障のリスク> 
☆☆☆ 3.0

 お尻は落とせていませんが、それほどカーブは投げませんし、沈む球がフォークではなくチェンジアップならば肘への負担も少ないはず。

 腕の送り出しには無理がなく、肩への負担は大きくありません。身体は小さいのですが、ものすごい力投派でもないので消耗が激しいということもないでしょう。


<実戦的な術> 
☆☆☆★ 3.5

 「着地」までの粘りは平均的で、打者としては合わせやすいわけでも苦になるわけでもなさそう。身体の「開き」も並であり、コントロールを間違えなければ、それほど痛手喰らわないのでは?

 腕は強く振れており、速球と変化球の見極めは困難。ボールに体重を乗せられてからリリーフできているので、打者の手元まで生きた球が投げられています。


(投球のまとめ)

 投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「球持ち」「体重移動」は悪くないが、「着地」と「開き」はもう少し粘りが欲しい。

 足の甲で地面を押し付けられないので、ボールが上吊りやすいなどの欠点もあり、その点で若干のマイナスポイントか。



(最後に)

 これで体格があれば無理してでも獲ろうかなと思える部分はあるが、体格の無さからも無理せずに、大学や社会人などで様子を観てからでも遅くはないかなという気にはさせてしまう。

 何よりストレートが浮きやすい球筋の改善が望まれ、ここを変えてゆかないと上のレベルでは狙い打たれる可能性が高い。大学・社会人と野球を続けて行ける可能性を秘めているが、もう少し力をつけてからでもプロ入りは遅くない。あまり事前に騒がれるような選手ではなかったが、今後も追いかけてゆきたい掘り出しものだった。



(2016年夏 千葉大会)