16dy-22


 








 南 要輔(明星大4年)遊撃 175/73 右/右 (東海大菅生出身)
 




                       「圧倒的な速さ」





 育成枠ドラフトで指名された 南 要輔 の売りは、何と言っても50メートル5秒7で走り抜ける快速にある。恐らく星野仙一氏の指令で、今年もとにかく1番足の速い奴を探して来いというので、彼の名前が上がったのではないのだろうか。


(ここに注目!)

 ただ純粋に速いだけでなく、トップスピードまでに入るのが速い野球向きの快速選手だということに注目して頂きたい。

走塁面: 
☆☆☆☆★ 4.5

 セーフティバントで相手を揺さぶったりと、走力を全面にしたプレースタイル。引っ張った打球でも、右打席から4.0秒を切るほどの快速で、プロでも間違いなくトップクラスの脚力があるのは間違いない。あとは、実際どの程度盗塁技術があるのか? そこまでは、細かくチェックできなかった。

守備面: 
☆☆☆★ 3.5

 普段は土のグランドばかりなのか? 観戦した大田スタジアムの人口芝に対し非常に慎重にプレーしていた印象がある。悪く言えば、動きが固くそれほど上手いショートという感じはしなかった。しかしショートらしく、他の野手に細かく指示を出したりサインプレーを行うなど、ゲームメイクできる内野手という感じがする。肩も基準以上のものがあり、元来の守備力はもう少し高いのではないかという気はした。しかしプロで遊撃を担えるほどかは微妙なレベルで、セカンド、外野あたり向きなのかもしれない。





(打撃内容)

 バットを短くに持って、ミート中心の打撃スタイル。観戦した日もセカンドゴロ・三振、サードゴロと打撃がやや弱い印象は否めなかった。

<構え> 
☆☆☆★ 3.5

 両足を揃えたスクエアスタンスで、グリップの高さは平均的。腰の据わり、全体のバランスとしては並だが、両眼でしっかり前を見据えられているところは良いこと。両眼で前が観られれば、錯覚を起こすことなく球筋を追うことができる。

<仕掛け> 遅めの仕掛け

 投手の重心が下がりきって、前に移動する段階になって動き出す、「遅めの仕掛け」を採用。そのためボールできるだけ引きつけてから動き出す、長距離打者か生粋の二番打者に多く観られるタイミング。彼を見ていれば、後者だということがわかってくる。

<足の運び> 
☆☆☆★ 3.5

 始動が遅い割には足を引き上げて、ベース側にインステップして踏み込んでくる。始動~着地までの「間」は短く、点 の打撃となっている。すなわち狙い球を絞り、その球を逃さないことが求められる。ベース側に踏み込むように、外角に意識したスタイル。踏み込んだ足元はブレないので、外角に逃げてゆく球や低めの球には食らい付けている。

<リストワーク> 
☆☆☆☆ 4.0

 打撃の準備である「トップ」の形は自然体で、リストワークに力みは感じられない。バットの振り出しにも悪い癖はなく、インパクトまで大きなロスはない。バットの先端であるヘッドも下がらないので、打ち損じの少ないスイングにはなっている。

<軸> 
☆☆☆☆ 4.0

 足の上げ下げはあるが、目線の上下動はそれほどでも。身体の開きは我慢でき、軸足は地面から真っ直ぐ伸びてキレイに軸回転でスイングできている。好不調の波の少ない、安定した打撃が期待できる。

(打撃のまとめ)

 バットにボールを当てる能力は低くないものの、スイングがまだひ弱く一定のレベル以上の投手には力負けしてしまう、差し込まれてしまう危険性がある。そういった非弱さを、プロ入り後いかに改善して行けるかではないのだろうか。


(最後に)

 純粋な走力という意味では、今年の候補の中でも1番速いのではないのだろうか? 遊撃手としてもゲームメイクできる選手で、非常に一つ一つのプレーを考えて試合に挑んでいる。野球への意識も高く、高いレベルの野球をどんどん吸収して行ける下地があるのは良いところ。
 
 根本的な打力不足からも、育成枠らしい指名ではないかと思う。指名リストには名前はいられないが、今後どのようになってゆくのか気になる存在ではあった。育成枠ならば、特徴があって面白い指名ではないのだろうか。


(2016年 秋季入れ替え戦)