16dp-31


 




斎藤 友貴哉(23歳・HONDA)投手の最終寸評へ







斎籐 友貴哉(23歳・HONDA)投手の春季寸評へ







 斎籐 友貴哉(桐蔭横浜大4年)投手 183/80 右/左 (山形中央出身)





                        「素材は魅力」





 高橋 拓巳とともに、桐蔭横浜大の左右の二枚看板として活躍した 斎籐 友貴哉 。春のリーグ戦では、チーム大学選手権導く活躍で、NVPを活躍。素材型と言われるなか、4勝1敗 防御率 1.01(リーグ3位)の成績を残して魅せた。


(ここに注目!)

 最大の特徴は、腕の振りの柔らかさであり、天性の上半身の柔らかさがあるところに注目して頂きたい。

(投球内容)

ワインドアップから振りかぶるフォームながら、腕の振りを少しスリークオーター気味。

ストレート 常時130キロ台後半~140キロ台中盤 
☆☆☆ 3.0

 ボール自体の勢い・威力は感じられる球ではあるのだが、ストライクゾーンの枠の中に上手く収まらないで高めに抜けることが多い。そういったバラつき・本当のコントロールがないところが気になる。

 ボール自体も空振りを誘うというよりも、手元で微妙に動くクセ球で微妙にバットの芯を外すのが特徴。気になるのは開きが早くボールが見やすいで、この動く球を低めに元来ならば集めたい。しかしその割には、44回2/3イニングで被安打20本と50%以下なのは信じがたい数字。

変化球 スライダー・カットボール・スプリット・カーブなど 
☆☆☆ 3.0

 スライダーは、高めに抜けたり曲がりが早過ぎたりと制御できないことが多い。むしろもっと小さく変化するカットボールのような球の方がコマンドも高く実戦的。また結構フォークのような縦に鋭く落ちるスプリットも持っており、この球の精度が更に高まるようだと将来的に楽しみ。現時点ではまだまだだが、今後凄くなる片鱗は感じられる。

その他

 牽制は非常に鋭く上手く、クィックも1.15秒前後と平均的。ベースカバーへの入りも遅れておらず、投球以外の部分も悪く無い。

 「間」を使ったりとか、コースの微妙なところを突いてという、細かいピッチングはできていない。ポテンシャルとセンスで比較すれば、やはりポテンシャルで押すタイプではある。

(投球のまとめ)

 ストレートとスライダーのコマンドが低く、それでもピッチングを崩さないで投げられるのは、カットボールでカウントを整えられるようになり、追い込むとスプリットという相手の目先を変えられる球種を持っているから。

 プロで一年目から活躍するのかと言われれば、現状は厳しいだろう。しかし一年ぐらいプロの指導・環境で詰め込めば、見違えるように成長しても不思議ではない。そういった上積みを期待できる、素材としての魅力は確かではないのだろうか。





(投球フォーム)

では現時点で、どの辺に問題があるのか考えてみたい。

<広がる可能性> 
☆☆★ 2.5

 引き上げた足をピンと伸ばす高さが低いわけではないのだが、お尻の一塁側への落としには甘さが残る。そのため身体を捻り出すスペースは充分とはいえず、カーブで緩急をつけたり、フォークのような縦の変化に適しているとは言えない。

 それ以上に気になるのが、「着地」までの粘りがまだ充分ではないので、身体を捻り出す時間が充分ではない。そのため変化球の曲がり・キレももう一つで、武器になる球種が見出し難い。しかし彼はそこを理解しているのか? スプリットやカットボールのような、小さな変化で投球の幅を広げることができつつある。

<ボールの支配> 
☆☆☆★ 3.5

 グラブは最後まで内に抱えられており、両サイドの投げ分け安定しやすいはず。また足の甲でも地面を捉えているため、元来ならばボールをもっと低めに集められそう。しかしコントロールが結構アバウトなのは、一つは肘を立てて振れないのでボールが抜けやすいのと、腕の軌道がやや身体が遠回りにまわってブンと振ってくるのでコントロールが狂いやすい。

<故障のリスク> 
☆☆☆ 3.0

 お尻の落としに甘さはあるものの、けして落とせていないフォームではない。ましてカーブはほとんど使わず、フォークではなく握りの浅いスプリットを使っているので、肘への負担はそれほどナーバスになることはなさそう。

 腕の送り出しにも無理は感じられないので、肩への負担は少なめ。しかし遠回りにブンと投げる部分では、肩に多少の無理が感じられなくもない。

<実戦的な術> 
☆☆☆ 3.0

 「着地」までの粘りがもう一つ、身体の「開き」も早め。しかしその欠点を補うべく、ボールを微妙に動かすことで芯をずらす投球ができている。そのためコントロールミスがあっても、打ち損じが多いタイプなのかもしれない。

 腕の振りは悪くなく、ボールへの体重の乗せも悪く無い。ボールを動かすタイプにしては、手元までボールが来ている感じがするのは、体重を乗せてからリリースを迎えているからではないのだろうか。

(フォームのまとめ)

 投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「着地」と「開き」に大きな課題を残している。「着地」が早い割に、ボールに体重が乗せられてから投げられている珍しいタイプだといえよう。

 コントロールを司る動作は良い割にコントロールがアバウトな部分があるが、故障のリスクは高くないので、鍛えがいのある素材ではないのだろうか。


(最後に)

 現時点ではまだまだ一年目から活躍する素材には見えないが、伸び代を多く秘めた素材であり、プロの環境・指導次第では見違えるほどに成長するかもしんれない。その可能性に賭けて育ててみたいと思う球団にとっては、興味深い素材なのではないのだろうか。恐らくドラフト会議では、本会議の終わりの方から育成枠あたりの指名になるのではないのだろうか? しかしけしてスケール感がない素材ではないし、極端に荒れ荒れというほどの素材でもない。導き方次第では、大化けするのではないのだろうか。


蔵の評価:
 (下位指名級)


(2016年 大学選手権)