16dp-22


 








左澤 優(24歳・JX-ENEOS)投手の個別寸評へ







 左澤 優(横浜商科大4年)投手 175/71 左/左 (横浜隼人出身)
 




                     「中継ぎなら面白いの声も」





 典型的な技巧派サウスポーであり、プロを意識するのには、球威・球速が物足りない。しかしそれでもスカウト達は、左打者の背中越しから来るような独特の球筋と、まとまりのあるピッチングで面白いのではないかという向きもあるという。果たして、ドラフトで指名されるのだろうか?


(投球内容)

 腕の振りを見ると、スリークオーターというよりもサイドに近い感じ。腰高のサイドハンド、そんな表現の方が近いかもしれない。

ストレート 130~MAX140キロぐらい 
☆☆ 2.0

 ボールのキレで勝負するタイプなので、どうしても甘く入ると怖い。それでも両サイドにボールを散らせるだけの確かなコントロールがあり、何より左打者の背中越しから来る独特の球筋があるので、左打者にとっては厄介なタイプ。確かに球威・球速はないが、それ以上に感じさせるキレもある。

変化球 スライダー・チェンジアップなど 
☆☆☆ 3.0

 左打者にはスライダーを、右打者にはチェンジアップを、速球と共に使って来る。打者の空振りを誘うようなボールではないが、両コーナーにしっかり変化球もコントロールできるコマンドの高さは持っている。

その他

 左腕らしく非常に牽制が上手く、投球をまとめるセンス・微妙なところを突くコントロールを併せ持つ。変則だと意外にコントロールがアバウトな投手は多いが、そういった類ではない。

(投球のまとめ)

 ポンポンとテンポよく、ストライクゾーンにボールを集め有利な状況を作る。そういったピッチングのうまさもあり、プロ入り間もない高卒野手あたりだと、結構苦労するタイプではないのでしょうか。

 しかし一軍レベルの打者であれば、しっかり自分のポイントまで引きつければ打てるレベルの投手。ファームでは通用しても、一軍での青写真が描けません。もう少しボール球を振らせるなど、投球の幅を広げたいところ。

(投球フォーム)

では技術的には、プロで通用するだけのものがあるか考えてみましょう。

<広がる可能性> 
☆☆★ 2.5

 引き上げた足は地面に向けて伸びており、お尻は三塁側には落ちません。すなわち身体を捻り出すスペースは確保されず、カーブで緩急をつけたり、フォークのような縦に鋭く落ちる球種には適さないということ。

 「着地」までの粘りもさほどではなく、身体を捻り出す時間 も並だということ。こうなるとカーブやフォークだけでなく、それ以外の球種でピッチングの幅を広げたり、武器になる変化球を修得することは厳しいかもしれません。ただしカットボール・ツーシーム・スプリットなどの速球に近い小さな変化を中心に、ピッチングの幅を広げてゆくことは可能かと。

<ボールの支配> 
☆☆☆☆★ 4.5

 グラブは内に抱えられており、両サイドの投げ分け安定。足の甲でも地面を捉えており、ボールもさほど上吊りません。「球持ち」もよく、指先の感覚にも優れたタイプかと。

<故障のリスク> 
☆☆☆ 3.0

 お尻が落とせないフォームではありますが、カーブやフォークといった身体を捻りだして投げる球種は使わないので、肘への負担は少なそう。

 腕の送り出しには無理はなく、肩への負担も少ないのでは。けして力投派でもないので、消耗も少ないタイプだと考えられます。

<実戦的な術> 
☆☆☆☆ 4.0

 「着地」までの粘りは並で、さほど苦になるフォームではありません。それでも身体の「開き」は遅く、球の出処は非常に遅れて見える来るタイプ。そのため打者にとっては、コントロールを間違がなければ討ち取れる可能性は高いでしょう。

 腕の振りは身体に絡んで来るなど、速球と変化球の見極めは困難。しかしボールにしっかり体重が乗らないので、打者の手元まで球威のある球が投げられないのは気になります。

(フォームのまとめ)

 投球の4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、「球持ち」と「開き」に優れています。その一方で「体重移動」に課題を残します。打者としては合わせ難い嫌らしさがある一方で、ボールの質・球威という点で課題のあるフォームだということ。

 コントロールを司る動作には優れ、故障のリスクもけして高いフォームだとは言えません。そういった部分では、推せる材料を持った投手だといえます。


(最後に)

 実際生で見ていると、プロとなると物足りない印象を持ちます。しかし社会人時代の武田 勝(シダックス-日ハム)もこんな感じだったと思うと、まるっきり無しだとは言い切れません。特に「コントロールの好い左腕は買い」という私のポリシーもありますし、左サイド独特の球筋も活かせ、試合をコントロールできるセンスも兼ね備えます。

 そういった意味では、簡単に切ってしまって好いかは悩むところ。秋にもう一度観て、最終判断を下したいと思います。しかしもし指名されるとしても、ドラフト本会議の最後の方か育成枠あたりでの指名ではないのでしょうか。社会人で、力を付けてからでも遅くはないのではないか、そんな気が今はしています。


蔵の評価:
追跡級!


(2016年 春季リーグ戦)