15ky-16









郡司 裕也(慶応大3年)捕手の個別寸評へ







郡司 裕也(仙台育英3年)捕手 180/79 右/右 





                     「実戦的な捕手」





 打者を仕留めるまでの道筋をしっかりと描けるリードと、チームの4番打者として抜群の勝負強さを魅せる打撃でチームを神宮大会優勝に導いた好捕手。一冬越えて、どのように変わってきたのか考えてみた。


(ディフェンス面)

 グラブを示したあと、秋はミットを一度地面に降ろしてしまう癖が気になりました。どうしてもこうするとワンバウンド処理に立ち遅れしやすくなり、こういったキャッチングをする選手を好みません。選抜でもそういった癖が顔を覗かせる時はあったのですが、意識がある時はそれをしないように心がけていた点も見逃せません。ボールを押し込んだり押し返すような強いキャッチングではないのですが、低めの球にも素早く捌けるグラブ捌きの良さは光ります。

 リードに関しては、打者を仕留めるまでの道筋を描くことができています。そのため、一人一人の打者を対峙するときにも、意図が感じられる点は大人びています。スローイングに関しては、驚くような地肩はないものの、捕ってから素早く返球するのが特徴。圧倒的な地肩がないところが、プロの素材かと言われると物足りない部分ではあります。
 
トータルとしては優れた捕手だと思いますが、高校からプロに入るような凄みが感じられないところをどうみるか?


(打撃内容)

 けして長打で魅了するタイプではなく、右にも左に打ち返す幅の広い打撃が持ち味。特に勝負どころでも、自分の打撃を見失わないところは良いところ。非常に勝負強いのが、この選手の最大の売り。

<構え> 
☆☆

 スクエアスタンスで両足を揃え、グリップは高めに添える強打者スタイル。腰の据わり具合・全体のバランスは並ですが、両目で前を見据える姿勢は、あまり良いとは言えません。この辺は、昨秋までクローズスタンスで構えていた名残のように思えます。これでも打ってきたので、あえていじる必要はないのかもしれませんが。

<仕掛け> 早めの仕掛け

 投手の重心が下るタイミングで動き出す、「早めの仕掛け」を採用。これは、典型的なアベレージヒッターが採用するスタイルで、彼は長打よりも対応力を重視していることがわかります。

<足の運び> 
☆☆☆☆

 始動~着地までの「間」が充分取れているので、速球でも変化球でもいろいろなタイミングで合わせやすいはず。真っ直ぐ踏み出すように、内角でも外角の球でも捌きたいという、なんでも打ちたいタイプ。踏み込んだ足元もブレないので、外の球でも開きを我慢してついて行くことができます。

<リストワーク> 
☆☆☆

 打撃の準備である「トップ」を作るのは自然体で、リストワークに硬さは感じません。しかしバットの振り出しは、少し遠回りでボールを捉えるにはロスを感じます。少しポイントを後ろに遅れて来るような感覚で、外角球を右方向に打ち返す打撃を得意にしている感じはします。

 ボールを捉える時は、ほぼレベルスイングでインパクト。広い接地面で、打ち損じの少ないスイングにはなっています。最後までしっかり、振りきれてはいます。スイング軌道に関しては、昨秋の方が良かったようには思います。

<軸> 
☆☆☆☆

 足の上げ下げがあるも、それほど目線は上下動せず。体の開きも我慢出来ていますし、軸足も地面から真っ直ぐ伸びて綺麗に軸で回転出来ています。

(打撃のまとめ)

 内角球を綺麗にたたんでというスイングには適しませんが、多少外回りでバットが抜けて来なくても、外角球を右方向に弾き返すには適したスイングをしてきます。技術的には、ボールを合わせる技術もありますし、軸もブレない技術の高いスイングではあります。

 長打で魅了するような派手さはありませんし、ドラフト候補といった凄みのあるヘッドスピードもありません。それでも合わせるのが上手く、確実にはじき返すことを重視したスイングだと言えるでしょう。


(最後に)

 攻守に絶対的な凄みは感じないんので、ドラフト候補というよりも強豪大学・社会人などに進んで行くタイプだとは思います。しかし捕手としては確かなものがあるので、アマの王道で勝負して行ける素材ではないのでしょうか。そういった意味では、ドラフト候補という感じは個人的にはしないので、そういった目では今後もみないと思います。まずは大学や社会人でも通用するような、確かなものを示してからプロ入りを目指すタイプではないのでしょうか。


(2015年 選抜)


 








郡司 裕也(仙台育英2年)捕手のレポートへ(無料)