15ky-10





福田 光輝(法政大4年)遊撃手の最終寸評へ







福田 光輝(法政大4年)遊撃手の春季寸評へ



<



福田 光輝(大阪桐蔭3年)遊撃 175/70 右/左





                  「ディフェンス力はドラフト級」





 こと守ることに関しては、高校球界でもトップクラスの遊撃手。その守備力は、まさにドラフト指名級だといえる。問題は、守備以外の部分との総合力。


(守備・走塁面)

 いち早くボールの正面にまわり込み、自分が投げやすい体勢に入るのが速い。そのため送球も乱れ難く、安定したプレーが実現できる。また土のグランドでも最後まで目を切らず、バウンドに合わせるのが上手い。そういった基本に忠実で、丁寧なプレーが、信頼感のおけるプレーにつながっている。けして地肩の強さなど、身体能力で魅了するタイプではない。地肩自体は驚くほど強くないが、プロの遊撃手としてはやや物足りないものの許容範囲ではないのだろうか。

 残念なのは、一塁までの塁間は4.35秒前後とプロの左打者としては物足りない。打撃で圧倒するタイプではないだけに、走力も出来れば欲しいところ。しかし新チーム結成以来の18試合で盗塁は0個と、足でアピールすることはない。





(打撃内容)

 どうしても打撃が弱いというか、対応力に課題があるように感じます。スイング自体見ていると、けしてひ弱な打者ではないのですが。何か技術的に大きな欠点がありそうなので、考えてみた。

<構え> 
☆☆☆

 前足を軽く引いて、グリップは高めに。腰の据わりは悪くないのですが、全体のバランス・両目での前の見据えるは並でしょうか。

<仕掛け> 平均的な仕掛け

 投手の重心が沈みきった、底のあたりで動き出す「平均的な仕掛け」を採用。これはある程度の対応力と長打力をバランスよく兼ね備えた、中距離打者やポイントゲッターが多く採用するスタイル。

<足の運び> 
☆☆☆☆

 足を引き上げ回し込み、真っ直ぐ踏み出してきます。始動~着地までの「間」は平均的で、速球でも変化球でもそれなりに対応。真っ直ぐ踏み出すように、内角でも外角でも捌きたいタイプ。踏み出し足元はなんとか我慢できており、外角の球でも無理なく打ち返すことはできます。

<リストワーク> 
☆☆☆

 打撃の準備である「トップ」を作るのは自然体で、リストワークに固さは感じません。バットの振り出しの際に、けしてインサイド・アウトのスイング軌道ではありませんが、インパクトまでのロスは感じません。しかしボールを捉えるときに、バットの先端であるヘッドが下り気味で、ボールを広い面で捉えられず打ち損じの多いタイプ。

 インパクトからフォローまでのスイングも大きめで、けして好打者というよりは強打者という感じの大きなスイングをしてきます。もう少し好打者タイプならば、内からバットが出てきて、ロスのないスイングを目指して欲しいところ。しかし本人には強打者という意識が強いのか、そういったスイングにはなっていません。

<軸> 
☆☆☆☆

 足の上げ下げはありますが、目線は上下に動きません。体の開きも我慢でき、軸足にも粘りを感じます。軸には大きなブレがなく、その辺は問題を感じません。

(打撃のまとめ)

 大きな弧を描いた強打者のスイングをして来るのですが、ヘッドが下がったり、内からバットが出てくるタイプではないので、打ち損じたり確実性はけして高くありません。中学生時代までは、地元でもバリバリの強打者だったのかもしれません。そのため、どうしても大きなのを求めてしまっています。彼が今後生き残ってゆくためには、こういった意識を変えて行かないと厳しいのではないのでしょうか?

 けしてスイングが弱いから打てないとか、柔軟性に欠けるから捌けないとか、そういったことではないように思います。


(最後に)

 プロでもショートが担えそうな確かなディフェンス力は魅力も、肩・走力などでのアピール度は低く、現状打撃も弱い部分があり、高校からのプロ入りは厳しいかなと感じます。問題は、本人が自分の力量をどのぐらい自覚し、夏までにバッティングと真剣に向き合えるのか。それによって、今後の進路も変わって来るのではないのでしょうか。現状は、進学タイプだと捉えています。


(2015年 選抜)