15kp-9





勝俣 翔貴(国際武道大3年)三塁手の個別寸評へ







勝俣 翔貴(東海大菅生3年)投手&右翼 180/78 右/左 
 




              「あんまり変わっていなかっったけれど図抜けている」





 プレー内容や技術的な部分では、昨秋の神宮大会で殆ど変わっていなかった 勝俣 翔貴 。しかし改めて他の選手と比べると、センバツ組では頭ひとつ抜けたスイングをしていた。この秋のドラフト会議で、有力な指名候補だと位置づけられる。


(守備・走塁面)

 神宮大会同様に、一塁までの正確なタイムは計測できず。秋の新チーム結成以来の21試合で、盗塁は0。足が遅い速い以前に、投手というポジション柄もあり盗塁する意識はないのではないのだろうか。

 右翼手としての打球への反応、落下点への入りなどを見ていると、多少の迷いもあり平均的な外野手という印象はうける。しかし投手で140キロを記録するだけに、肩は1級品。プロでは、左翼手としてならば問題のない能力は持っていそう。鍛え方次第では、右翼手や三塁手としての可能性も感じさせる。





(打撃内容)

 ボールを捉えた時の打球・ヘッドスピードの速さは、高校球界でもNO.1ではないかというほど。引っ張って巻き込むだけでなく、レフト方向へ打ち返すことも出来る幅広さがある。しかし力みから、打ち損じることも少なくない。もう少し、脱力を覚えると、ミスショットが減るのではないのだろうか。

(打撃フォーム)

打撃フォーム事態は、昨秋と殆ど変わっていません。

<構え> 
☆☆☆

 前足を引いた左オープンスタンスで、グリップの高さは平均的。腰の据わり具合・全体のバランスとしては並ですが、両目でしっかり前を見据えようという姿勢は悪くありません。

<仕掛け> 平均的

 投手の重心が沈みきった底のあたりで動き出す、「平均的な仕掛け」を採用。ある程度の対応力と長打力をバランスよく兼ね備えた中距離打者やポイントゲッターが採用するスタイル。ボールを遠くに運ぶというよりは、強烈な打球で野手の間を抜けてゆくタイプの強打者だと言えます。

<足の運び> 
☆☆☆☆

 足を引き上げ回し込み、幾分ベースから離れたアウトステップを採用。始動~着地までの「間」は取れていて、対応力はそれなり。軽くアウトステップするように、内角の球を意識したスタイル。それでも踏み込んだ足元はブレないので、外角でも甘めの球や高めの球ならば、十分に対応できます。

<リストワーク> 
☆☆☆☆

 打撃の準備である「トップ」を作るのは自然体で、リストワークに固さは感じません。バットの振り出しも強打者の割に、脇を絞めたインサイド・アウトのスイング軌道。スイングの弧はそれほど大きくないのですが、インパクトの際の押し込みが素晴らしいのが特徴。バットの先端であるヘッドも下がらず、ボールを広い面で捉えられます。そのため幅広く、ボールをフェアゾーンに落とせます。

<軸> 
☆☆☆☆

 足の上げ下げがある割に、目線は動いていないで安定。体の開きも我慢でき、軸足にも強さを感じます。軸が安定しているのも、この選手の良いところ。

(打撃のまとめ)

 ただ肉体的に図抜けているだけでなく、技術的にも非常にしっかりしたものを持っています。難しい球でもファールで粘り、自分の打てるゾーンに来るまで我慢できる渋とさやボールに食らいつける姿勢も素晴らしい。荒っぽいタイプかなと思ったのですが、力が入り過ぎな部分を除けば殆ど問題はありません。


(最後に)

 秋から際立っていたスイングは、このセンバツでは更にパワーアップした印象。技術的には殆どいじらず、パワーアップに取り組んできたことがわかります。

 左打ちの中距離ヒッターであり、守備・走塁でアピール度が低いだけに、バリバリの上位候補とは言えないでしょう。しかしこと打つことに関しては図抜けているので、私ならば中位ぐらいに位置します。特に外野手は求められる打撃の能力が高いので、それに応えうる数少ない素材だと言えます。すでに今の時点で、指名リストに入れても良いと思える選手でした。プロでも、レギュラーになれる素材だと思います。


蔵の評価:
☆☆☆ (上位指名級)


(2015年 選抜大会)










勝俣 翔貴(東海大菅生2年)投手&右翼 180/78 右/左 
 




                    「ヘッドスピードは破格」





 2015年度のドラフト候補を探る意味で、全国の選手の映像を改めて見直す。そんな中でも、ヘッドスピードの速さということでは、全国屈指レベルにあるのが、この 勝俣 翔貴 。チームの投打の柱として活躍する選手ではあるが、その将来性は、ダントツ野手としてではないのだろうか。


(守備・走塁面)

 マウンドに立たない時は、右翼手として出場します。打球への反応・落下点までの入りを見ていると、可も不可もなしといった感じのレベルです。しかし投手としても140キロ前後を連発できるだけに、地肩自体はさすがに強いといった印象はうけます。

 残念ながら、シッカリ一塁まで全力で駆け抜けたサンプルがなかったのでよくわかりません。少しボテッとした体型で足は遅そうには見えますし、足でアピールしようという意欲はなさそう。しかしフィールディングの動きなどを見ていると、けして動けない選手ではありません。

 現状走・守で際立ったものは感じられませんが、フィールディングの動きの良さと強肩ということを考えると、強打の三塁手という位置づけはアリではないのでしょうか。プロの外野手となると右翼手というのは微妙ですが、左翼手ならば上手い部類の選手になり得るのでは。





(打撃内容)

 投手だけあって体幹も強そうですし、何よりヘッドスピードを活かした打球の速さはピカイチ。金属バットをもたせれば、その反発力でスタンドにたたき込めます。しかし現状は、スラッガーという感じではありません。

<構え> 
☆☆☆☆

 前足を引いた左オープンスタンスで、グリップの高さは平均的。背筋をスッと伸ばし、両目で前を見据える姿勢もよく、全体にバランスが取れています。構えた時点では力みは感じられず、適度にリズムを刻み、固さを感じさせないところは好いところ。

<仕掛け> 平均的な仕掛け

 投手の重心が下がりきった底のあたりで始動する、「平均的な仕掛け」を採用。ある程度の対応力と長打力をバランスよく兼ね備えた中距離打者やポイントゲッターが多く扱うタイミング。まさに彼の打撃スタイルを、言い当てている気がします。

<下半身> 
☆☆☆☆

 足を軽く引き上げて回し込み、ベースから軽く離れた方向に踏み出すアウトステップ。すなわち、内角を意識したスイングだというのがわかります。内角寄りの球でも、体を開かずに捌きます。むしろ内角の球に関しては、足元を早く開放してあげた方が、綺麗に振り抜けそうですが。それでも足元がブレないので、甘めの外角球やある程度低めの球にも、食らいつくことができます。特にこの選手、難しい球でも上手く当ててファールで粘れます。

<上半身> 
☆☆☆☆

 打撃の準備である「トップ」を作るのは自然体で、リストワークに固さは感じません。またバットの挿入角度にもロスはなく、むしろインサイド・アウトのスイング軌道であることを考えると、外角をキッチリ叩くというよりは、内角を綺麗にはじき返すことに主眼が置かれているように思います。

 バットの先端であるヘッドも下がらないので、ボールをフェアゾーンに落とせる確率は上がります。気になるのは、振り出すときに力が入り過ぎていること。そのためシッカリ捉えられれば強烈ですが、打ち損じが多くなったり、インパクトまでに無駄な動きが多いように思います。それでも大きな弧を描きつつ、最後まで強烈なスイングで振り抜けています。

<軸> 
☆☆☆☆

 足の上げ下げは静かなので、目線の上下動は少なめ。的確に、ボールを追うことが出来ています。体の開きも我慢出来ており、軸足も少し前に突っ込みがちではありますが、内モモの筋肉が発達しており、強い打球を生み出す大きな要因になっています。

(打撃のまとめ)

 当たった時の打球が強烈というだけでなく、ファールで粘れるミートセンスもありますし、ボールに食らいつく貪欲さも感じられます。それになにより、ボール球を我慢できる、目の良さがあるのも推せる材料。ただの、パワフル打者とは一線を画します。


(最後に)

 守備・走塁でのアピールに欠ける割に、左の中距離タイプという位置づけは、プロから評価され難い土壌があります。本当ならば三塁あたりをやれると良いのですが、チームのエースという立場からも高校の間は、守っても外野まででしょう。

 ボールを見極められる目・ファールにできるミート力・打撃を捉えた時の破格の打球などを考えると、帝京-ソフトバンクに進んだ、中村 晃 外野手を大型にした感じで、彼以上の長打力を示すかもしれません。

 いずれにしても、高校からプロを期待できる素材であり、センバツまでの成長・そして活躍と非常に期待が持てます。一体どのぐらい大きくなって我々の前に戻ってくるのか、今から本当に楽しみです。


(2014年秋・神宮大会)