14ky-30





小郷 裕哉(立正大)右翼手の個別寸評へ








小郷 裕哉(関西3年)二塁 178/81 右/左 
 




                    「ポテンシャルは高そう」





 夏の甲子園では、4打数0安打に終わり結果を残せなかった 小郷 裕哉 。しかしそのプレーを見る限り、かなり秘めたる能力は高いのではないかと気になっていた。そこで夏の岡山大会の模様2試合を見直して、この選手の本来の姿を追ってみた。


(守備・走塁面)

 一塁までの塁間は、左打席から3.9秒を切るような快速。同じ関西の核弾頭で注目された 逢沢 峻介(3年)中堅手が岡山予選の5試合で3盗塁であるのに対し、5試合で4盗塁を決めるなど盗塁数では上回っている。それも、4番という打順にもかかわらず。そういった意味では、かなり動ける走力と走塁技術を持った選手だと言えるだろう。

 また二塁手としても、広い守備範囲を誇る。その守備を支えるのが、地肩の強さ。日本人の二塁手としては稀な、強肩の持ち主。すでに2年春の時点で、投手としても135キロを記録する程だったから、その強さの程が伺われる。これだけの身体能力がありながら、ショートではなくセカンドなのには、長い距離の送球が不安など、何か理由があるのだろうと思われる。この選手はニ遊間タイプというよりは、セカンドに特化した選手だと考えるべきかもしれない。





(打撃内容)

 右にも左にもセンターへと、どの方向にも強く叩けるスイングが魅力。数々の選手をプロに送り込んできた監督が、「見てきた選手の中でも3本の指に入る」と絶賛する打撃のセンスの持ち主。

<構え> 
☆☆☆☆

 前足を引いて、グリップを高めに添えた強打者スタイル。背筋をスッと伸ばし、全体のバランスも取れた良い構え。しいていえば、ややオープンに開いている割に前の見据えがよくないので、身体が固いのかなという不安は感じるのだが。

<仕掛け> 遅すぎる仕掛け

 投手の重心が下る時に、ベース側につま先立ち。本格手に始動するのは、リリース前後という「遅すぎる仕掛け」を採用。ここまで遅いと、日本人のヘッドスピードや筋力では、一定レベル以上のスピード・キレに対応するのは厳しくなる。

<足の運び> 
☆☆☆

 始動~着地までの「間」がないので、まさに一点に集約されたスイング。あらかじめ狙い球絞り、その球を逃さない「鋭さ」が求められます。スピードの変化には、脆いタイプだと言えるでしょう。

 ベースから離れた方向に踏み出す、アウトステップを採用。内角を強く意識したスイングで、けして腕を上手くたたんで打つタイプではないので、苦手な内角を捌くために懐を開けていると考えられます。そのため、内角の球を引っ張って長打を打つことも少なくありません。踏み込んだ足元はブレないので、外角でも甘めの球や高めの球ならば、充分に開きを我慢して対応することは出来ます。

<リストワーク> 
☆☆☆☆

 打撃の準備である「トップ」の形をつくり、始動の遅さを補おうとしています。バットの振り出しは、けしてインサイド・アウトではないので内角の球を捌くのは多少窮屈ですが、外の球を強く叩くことは出来るスイング。バットの先端であるヘッドも下がらず、大きな弧で振り抜けています。大きくそれでいてロスのない強いスイングが、この選手の最大の魅力。

<軸> 
☆☆☆☆

 足の上げ下げは小さいので、目線は上下にブレません。体の開きも我慢出来ていますし、軸足にも粘りと内モモの筋肉の強さを感じます。この辺が、高校通算27本塁打のパンチ力につながっているのではないのでしょうか。

(打撃のまとめ)

 監督が言うほど、ボールを捉えるセンスに特別なものは感じません。しかしどの方向にも強い打球を飛ばすスイングで、走力・地肩も含めたポテンシャルの高さは、関西の中でも1番ではないかと評価します。


(最後に)

 甲子園でノーヒットで終わったこともあり、マスコミやドラフト愛好家からの評価は上がりませんでした。しかし個人的には、スイングがプロ仕様であり、高い身体能力も考えると、この選手こそ関西で一番プロ向きだと評価します。そのためプロ志望届けを提出したのも、頷けるところ。

 ただしこの手のタイプにしては、ショートを担えるほどのキメ細やかさがないだけに、評価としては悩むところ。育成枠あたりならば、指名があっても不思議ではありませんが、本会議の中で指名されるほどかと言われると疑問が残ります。

 そのため評価としては指名リストに名前を残すまでには至りませんでしたが、面白い選手だとは思います。特にプロでも強打の二塁手という役割を担えるようだと、日本球界には少ないタイプだけに、生き残って行けるのではないのでしょうか。ドラフト当日、指名の声がかかるのか、注目して見守りたい一人です。


(2014年夏 甲子園)