14ky-24









岡田 耕太(駒沢大4年)一塁手の個別寸評へ








岡田 耕太(敦賀気比3年)捕手 172/74 右/右 
 




                   「甲子園NO.1捕手はこの選手じゃないか?」





 この夏の甲子園の模様を見直して、甲子園組のNO.1捕手は、この選手ではないのだろうかと思うようになってきた。準決勝までの5試合で残した打率は5割。その強打ばかりが目をつくが、捕手としても中々の好捕手。小柄でも昨年・森 友哉(大阪桐蔭-西武)捕手が1位指名されたり、一昨年プロ入りした 田村 龍弘(光星学院-ロッテ)がプロで捕手を務めているのならば、充分この選手でもやって行けるのではないのだろうか。


(ディフェンス面)

 捕手は、高校進学後からコンバート。2年秋から正捕手になった選手で、経験の浅さは確かにあります。しかし、それでもまわりに指示を出せる選手ですし、ピンチでも動じない強気なプレースタイル。体を小さく屈め、投手には的を大きく魅せ、審判からも低めの球筋が見やすいように構えるなど、単に強気なだけではありません。構えたミットは動かしませんし、ボールの押し込みもしっかりしています。一度地面に降ろす癖もないので、低めの球にも素早く対応。低めの球に対しても、全身で止めにゆきますし、反応が素早い反射神経の鋭さはピカイチ。

 リードも全然かと思ったのですが、意図がしっかり感じられ考えてプレーしているのに驚きました。緒戦は完封、破れた大阪桐蔭戦までの4試合では、失点を2点以内に抑えるなど好リードで下級生投手を盛り立てました。一方的に打ち砕かれた大阪桐蔭戦をみると、逆境に入った時に流されないリード・が今後の課題か。

 そして何より、ピタッとハマった時のすローイングが素晴らしいということ。特に捕ってからの素早さが抜群で、1.7秒台ソコソコで送球した時はビックリしました。日本人で、こんなタイムを叩きだした選手が今までいなかったからです。大会期間中に、三度の捕殺を決めるなど送球の精度も想像以上。このスローイングは、プロでもトップランクに位置づけられるのではないのでしょうか。

 この選手はまず、しっかり捕れるという捕手の基本が出来ていること。スローイングも、プロに混ぜても上位であること。上背はないですが、体格もガッチリしていること。経験の割に、リードセンスがあることなどを加味すると、個人的には面白い素材だと高く評価します。しかしプロ側からは、彼の評判は全く響いてきません。


(打撃内容)

 むしろ心配なのは、彼の打撃の方にあります。広角に打ち交わせる選手ですが、基本的に引っ張って巻き込む打撃を好みます。ただしスイングが、ドアスイング気味だということ。木製バットを握った時に、今のスイングで通用するのか?という不安は残ります。しかしながら、ボールを捉える感性には独特なものがありますし、強く叩けるスイングには打てる捕手への期待も高まります。

<構え> 
☆☆☆☆

 両足を揃えたスクエアスタンスで、グリップの高さは平均的。腰の据わり具合・全体のバランス・両目で前を見据える姿勢もよく、何より打席でリラックスして構えられているところが好いところ。

<仕掛け> 遅めの仕掛け

 投手の重心が沈み込んで、前に移動する段階で動き出す「遅めの仕掛け」を採用。これは、典型的な長距離打者が採用するスタイルで、中距離タイプに見えるが想像以上の長打力を秘めているかもしれない。

<足の運び> 
☆☆☆

 始動~着地までの「間」は殆どなく、完全に点でボールを捉えるタイプ。そのため狙い球を絞って、その球を逃さず叩くことが求められます。しかし緒戦の坂出商業戦を見るかぎり、速球でもカーブでも捉えていたので、想像以上に緩急への対応力はあるのではと見ております。またベース側にインステップして踏み込むように、外角を強く意識したスイング。しかしその割に、踏み込んだ足元はブレたりするので、右方向への打球よりも引っ張って巻き込む打撃を得意にしているのだろうなというのも伺えます。外角を打つのは、真ん中~高めの払える球であり、低めに逃げて行く球にはついて行けないのだろうなという気は致します。

<リストワーク> 
☆☆☆

 打撃の準備である「トップ」の形は早く作ることで、始動の遅さを補い速い球にも立ち遅れません。しかしバットの振り出しは、体は離れて出てくるので、けしてインサイド・アウトの軌道ではなく、内角の捌きはどうなのか?という疑問は残ります。それでもバットの先端であるヘッドが下がらないので、ドアスイングにまではなっていませんが。

<軸> 
☆☆

 足の上げ下げが殆どないので、目線は上下にブレません。しかし足元がインパクトの際にブレるので、体の開きは我慢できておらず。軸足も、結構前に崩れるなど突っ込まないように注意したいですね。

(打撃のまとめ)

 スイングは、右打ちが得意でない割にインステップし、内角の捌きが得意でない割に打球を引っ張りたがるという、かなり幅の狭いスイングをしています。ようは、真ん中~甘めの外角よりの球を巻き込むのを得意としているということでしょう。

 そういった粗っぽいスイングをしている割に対応力が高いのは、持っている反射神経・動体視力の能力の高さに加え、打撃の感性が豊なのだろうと考えます。また打球の速さ・ヘッドスピードの鋭さは、ドラフト候補級。木製バットであることを考えると、かなりスイングを直さないといけないかもしれませんが、捕手であるということを考えれば、高い資質だけでも充分評価の対象になるのではないのでしょうか。


(最後に)

 
個人的には、ディフェンス能力・センス・適正などを高くし、捕手としてドラフト候補として推したいと思います。また打撃に関しては課題も多いのですが、持っている資質の高さを評価します。

 
経験不足や粗っぽい部分はあるのですが、高校からプロ入りしても面白いと思っています。下位指名ならば、チームにぜひ加えて育ててみたい、そう思わせるものがありました。プロ志望届けを提出するのか? プロ側はどのように評価するのか、密かに期待して今後の成り行きを見守りたいと思います。


蔵の評価:
☆☆ (中位指名級)


(2014年夏 甲子園)