14kp-26





森田 駿哉(22歳・HONDA鈴鹿)投手の本当に凄いやつへ







森田 駿哉(法政大4年)投手 183/79 左/左 (富山商出身) 





「復活の兆し」 





 富山商3年生のときに、左の本格派として多くのスカウトを魅了した 森田 駿哉 。しかし素材は申し分なかったものの、まだまだプロのような大人の世界で競争させるのには性格時にも期尚早だと、あえて指名見送りの評価をした。彼もプロ志望届けを出すことなく大学の門を叩くことになるが、1年春のリーグ戦で7試合に登板した以降は一切登板のないまま最終学年を迎えてしまった。しかしようやく、この春のリーグ戦に復帰したのである。


(投球内容)

骨太な体格から、しっかり投げ込んで来る左の本格派。

ストレート 常時140キロ~MAX144キロ 
☆☆☆★ 3.5

 ビシッとミットに収まるストレートは、常時140キロ台~中盤を記録。ボールにも適度な勢いがあり、ボールの勢い・球速に陰りは感じない。まだまだ細かいコントロールはないものの、両サイドには散らすことはできている。

変化球 スライダー・チェンジアップ 
☆☆★ 2.5 

 変化球は、横滑りするスライダーとのコンビネーションで、右打者には外に逃げるチェンジアップ系のボールがあるのを確認。スライダーは、右打者のインローとアウトハイに散ってカウントを稼いで来る。スライダーのキレ・コントロールともに並といった感じで、チェンジアップの精度はさらに低そうな印象。現状は、困ったらストレートという感じの投球だった。

その他

 牽制は適度に鋭く、クィックも1.2秒台と左投手としては平均的。物凄く野球センスが高いとか運動神経が良いという感じはせず、とりあえず最低限のことはできているといった感じか。

(投球のまとめ)

 とりあえず今は、ストライクゾーンの中に投げ込んでいるだけという感じ。まだまだコントロールがどうだとか、駆け引きがという内容ではなかった。これからマウンド感覚を取り戻し、場馴れするようになればもっといろいろな側面が見られるのではないのだろうか。少なくてもこの春は、投げられるまで回復しましたという顔魅せの段階で、真価が問われるのは秋のシーズンとなるだろう。


(投球フォーム)

ではフォームの観点から、今後の可能性について考えてみたい。

<広がる可能性> 
☆☆★ 2.5

 引き上げた足を地面に向けて伸ばすので、お尻は三塁側(左投手の場合)にはしっかり落ちません。そのためカーブで緩急をつけたり、フォークのような縦に鋭く落ちる球を投げるのには適していません。

 「着地」までの粘りも淡白で、あっさり地面を捉えてしまいます。身体を捻り出す時間は充分とは言えず、将来的にキレや曲がりの大きな変化球を習得できるのかには疑問が残ります。そのため球速のある、小さな変化を中心にピッチングの幅を広げてゆくことになるのではないのでしょうか。

<ボールの支配> 
☆☆☆☆ 4.0

 グラブは内に抱えられ、両サイドの投げ分けはつけやすい。足の甲でも地面を押し付けることができており、ボールは高めに抜け難いはず。しかし実際には結構高めに集まりやすいのは、少し肘が下がって押し出すような腕の振りであり、リリースの際にもボールを押し込めていない部分がある。このへんが改善されて来ると、もっと低めに集まるのではないのだろうか。

<故障のリスク> 
☆☆☆ 3.0

 お尻が落とせないものの、カーブやフォークといった球種はほとんど見られないので、肘への負担は大きくはないだろう。しかし肘を故障して長期低迷してきた選手だけに、充分注意したいところ。

 腕の送り出しを見る限り、肩への負担は少なめ。気になるのは、テイクバックをした際に、両肩を結ぶラインよりも肘が下がっており、そこから投げようとしているところに負担がかかっているのではないかと思われる。それでも無理にボールに角度をつけようとはしていないので、故障してからは角度をつけようとはしていないのかもしれない。

<実戦的な術> 
☆☆☆ 3.0

 「着地」までの粘りに欠けるので、打者としては苦になり難いフォーム。それでも「開き」自体は抑えられているので、ボールの出処は隠せている。コントロールミスをしなければ、それほど痛手は食らわないのかもしれない。

 まだ故障の影響か、投げ終わったあと腕が身体に絡んで来ない。そのためフォームに勢いがなく、打者の空振りは誘い難い可能性がある。ボールへの体重乗せも発展途上であり、ここが改善されてくると打者の手元まで球威のある球がグッと迫ってくる感じになってくるだろう。

(フォームのまとめ)

 フォームの4大動作である「着地」「球持ち」「開き」「体重移動」では、特に「着地」を中心に動作に粘りが欲しいところ。制球を司る動作には優れているが、お尻が落とせないぶん肘への負担は気をつけたい。将来的に、投球の幅を広げて行けるのかには不安が残る。


(最後に)

 やはり空白の期間が長かっただけに、技術的に投球的にも発展途上の投手との印象が受けます。現時点では、高校時代の素材の良さは、損なわれていないということを確認できました。問題は、秋のシーズンにどれだけ投げられるのか? 大事なところを任されてゆくのか? という部分では。現状の実績・内容だと、素材を買って育成指名があるかどうかといった評価。しかし秋のシーズンに才能を開花させれば、貴重な本格派左腕だけに一気に評価が駆け上ってゆくことも期待できます。とりあえず、秋まで追いかけてみたいという気にさせてくれる内容でした。


蔵の評価:
追跡級!


(2018年 春季リーグ戦)
 









 森田 駿哉(富山商3年)投手 183/79 左/左





                      「何かが足りない」





 春季北信越大会を見に富山まで足を運んだのは、まだ見たことがなかった、森田 駿哉 がどの程度の投手なのか確認したかったのも大きかった。この男を見るために、高校NO.1捕手との呼び声高い 栗原 陵也(春江工・坂井3年)捕手の観戦を翌日にするというリスクまでとった。実際私の想像を上回る投球を見せてくれたのだが、何か引っかかる部分が残った。それは一体何だったのか? 考えてみたい。


(投球内容)

 183/79 の骨太の体格で、非常にオーソドックスな正統派サウスポー。しかし立ち上がりは制球も定まらず、テンポも悪く大型投手にありがちな、モッサリとしたのべ~とした投球に。この選手の調子が上がってきたのは、スカウトが 栗原を見に移動を始めた後の4回ぐらいだったと記憶している。

ストレート 常時130キロ台後半~MAX89マイル(142.4キロ)

 初回アルペンスタジアムのスピードガン表示はされていなかったが、私のガンでは140キロ前後をすでに連発しており、MAX89マイル(142.4キロ)まで到達。その球速表示に負けないだけの球威・勢いがあり、特に試合中盤ぐらいからは、右打者外角の逆クロスのゾーンに、勝負どころでビシッと好い球をが決まる場面が増えてくる。

 特に力を入れた時のストレートは、並の高校生では中々打ち返すことのできない。全国的に見ても左腕としては、指折りのボールを投げていたと言えるでしょう。中盤以降は、球筋も安定し始め、両サイド・低めへとボールが集まりだします。

変化球 カーブ・スライダー・チェンジアップ

 変化球が課題の投手だと訊いていましたが、この投手の一番イイ球はスライダーです。特にストライクゾーンからボールゾーンに切れ込むスライダーで、多くの三振をこの球で奪います。他にもカーブがありますが、この球は上のレベルでは使えないのではないのでしょうか。チェンジアップもありますが、それほど大きな意味は持っていません。あくまでも速球とスライダー、この2つの球に大きなウエートは占められています。

その他

 軽い牽制が多く、走者を威嚇するというよりは自分の間を整えるものかと。しかしクィックは1.05秒前後と素早く、フィールディングも基準以上。そういった意味では、投球以外の部分も悪くありません。

(投球のまとめ)

 典型的な先発タイプの投手であり、将来のローテーション候補として期待したい。コントロールも立ち上がりを除けば悪くはありませんし、投球もある程度まとめられる能力はあります。微妙なコントロールや駆け引きができる高度さはありませんが、高校生左腕としては合格レベルではないのでしょうか。



(投球フォーム)

今度は投球フォームの観点から、考えてみましょう。

<広がる可能性> 
☆☆☆

 引き上げた足を地面に向けてピンと伸ばすので、お尻は三塁側(左投手の場合は)に落とせません。すなわち体を捻り出すスペースが充分確保できないので、腕を捻り出して投げるカーブで緩急をつけたり、フォークのような縦に鋭く落ちる球種は身につけ難いと言えます。カーブが上手く投げられなかったのは、このフォームに原因があります。

しかし「着地」までの粘りは悪くなく、体を捻り出す時間は適度に確保出来ています。そういった意味では、カーブやフォークといった球種以外は、上手く扱える可能性があります。まだまだ投球の幅を広げてゆくことが、これから期待できるフォームです。

<ボールの支配> 
☆☆☆☆

 グラブは最後まで内に抱えられているので、両サイドの投げ分けは安定。実際に彼の投球は、内外角に上手く散らせています。

 足の甲でも地面を捉えている(ように見える)ので、ボールもそれほど上吊りません。ただし実際に観戦した試合では、立ち上がりは抜ける球や高めの甘いゾーンに浮く球も少なくありませんでした。イニングが進むにつれ、球筋が真ん中~低めのゾーンに下がってきました。「球持ち」は平均的で、指先の感覚に特別優れているようには感じません。ある程度おおまかに、狙った近辺に集められるというタイプでしょうか。けして立ち上がり以外は、四死球で自滅するような荒々しさはありません。

<故障のリスク> 
☆☆☆☆

 お尻は落とせないものの、カーブもそれほど多くは投げませんし、フォークも投げません。そういった意味では、肘を痛める可能性は低いのでは。

 腕を振り降ろしを見ても、角度はありますが送り出しに無理は感じません。そういった意味では、肩への負担も大きくはなさそう。無理をしなければ、故障の可能性は低いフォームではないのでしょうか。

<実戦的な術> 
☆☆☆☆

 着地までの粘りは悪くないので、打者としては合わせやすくはないはず。体の「開き」も抑えられ、ボールの出処が見やすいということもないでしょう。

 素晴らしいのは、腕をしっかり振れるので、速球と変化球の見極めは困難。そのため低めに切れ込むスライダーで、空振りが誘えます。ボールにも適度に体重が乗せられており、打者の手元まで球威や勢いのある球が投げられます。もっさりしている印象は受けますが、フィニッシュにおける地面の蹴り上げ、体重移動は悪くないと考えます。


(最後に)

 私が知る限り、全国でも5本の指に入る左腕だと思います。また将来的なことを含めると、プロのローテーションも期待したくなるような素材です。それならば、文句なしドラフト候補だと思うでしょう。

 しかし私には、何かこの選手から伝わって来るものを感じませんでした。投手らしくその所作にはきめ細やかさも感じますし、けして意識の低い選手ではないように思います。しかし彼を見ていると、本当に普通の高校生という感じの子で、高校からプロで飯を食って行こうというギラギラものが伝わってきません。試合後情報を集めたところ、彼は進学希望だと訊いてなるほどなと思いました。

 彼が最終的にどんな選択をするかはわかりませんが、私は素直に大学に進む方が彼のためには好いなと感じます。素材は素晴らしいので、プロ志望届けを提出すれば中位前後で指名されても不思議ではないでしょう。しかし私が見る限り、彼はまだプロ入りの「旬」ではない、そんな気がしてなりません。

 恐らく中央の大学もほっとかないと思いますので、六大学や東都あたりに進学して来ると思います。そういった中で、何か自覚が芽生えて来るようだと将来期待できます。もう少しアマで、その成長を見守ってみたい選手でした。


(2014年 春季北信越大会)